« 『昆虫の世界へようこそ』 | トップページ | 『樹皮ハンドブック』 »

2007年6月13日 (水)

『農業は人類の原罪である』

20070613nougyouhajinnruinogennzaidearu コリン・タッジ:『農業は人類の原罪である 』、新潮社、2002年初版

「農業」は命を慈しみ育てる仕事として表現されることが多いが、農業の核をなすべき「農」という営みの本質は生命を奪うことにあると思っている。
もう少し丁寧にいえば、人間が他の生命を利用するために育て、そして屠る行為だといえる。なぜなら、慈しみ育てるだけであるのなら、それは盆栽を仕立てたり、ペットを愛玩するのと何ら変わらないからだ。
「農」という営みにおいて行われる生命を奪う行為は、もちろん、殺戮や虐殺とは全く異相の行為である。
他の生物の命を奪う尊い行為に従事してきたからこそ、農民は豊かな思想と文化の担い手ともなり得た。

「農」という営みを、他者との交換を目的として行うことを「農業」と呼ぶ。「農民」が「農業者」となり、「農学」が「農業学」に矮小化され、「農政」が「農業政策」に偏倚する過程が、大きな問題を生み出してきた。

林業の場合はいかがだろうか。

ショッキングなタイトルを持つ本書は、われわれの森林づくりに深みを与えてくれた。

|

« 『昆虫の世界へようこそ』 | トップページ | 『樹皮ハンドブック』 »

森林づくりお薦めの一冊(新書)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『農業は人類の原罪である』:

« 『昆虫の世界へようこそ』 | トップページ | 『樹皮ハンドブック』 »