« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の20件の記事

2007年7月28日 (土)

『長伐期林を解き明かす』

20070727tyoubakkirinnwotokiakasu 全国林業改良普及協会編:『長伐期林を解き明かす (林業改良普及双書 153) 』、全国林業改良普及協会、2006年初版

最近になって「長伐期化」という言葉をよく聞くようになった。
従来30~50年程度とされてきた植栽から伐採までの期間を80~100年程に延長しようという考え方だ。

森林内には、フクロウが巣をかける洞(うろ)のあるような古木も必要だ。食物連鎖の頂点に立つ肉食の生物の存在も欠かすことはできないからである。
柱材の生産を中心に進められてきたわが国の林業は、人間にとっては生産に長い年月を要する産業ではあるが、森林の成立を考えるとごく若い樹木を主な生産物としてきたので、わが国の森林面積の約4割を占める人工林の中には古木はほとんど存在しない。
こうしたことから考えると、長伐期化にも一片の利点を認めることができる。

しかし、わが国の人工林の生産目的を考えた場合、長伐期化によって得られる大径材に、長期にわたる生産期間に見合うだけの価格形成がなされるとは考えにくい。
また、現在のスギ人工林には、戦後急増した木材需要に早く応えるために早生品種が多く植栽されていることも考えあわせなければならない。
早生品種は、一定年月を経ると材の中心部に腐りが入り、大径材としての価値を著しく減じることも早くから指摘されている。

林野庁等によって長伐期林業が喧伝される現在、長伐期化のメリットとデメリットについて深く考えることが必要だ。
本書では、多くの著者がそれぞれの立場から長伐期化の功罪について論じている。長伐期化について様々なことを考える糸口を与えてくれる一冊だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

アカショウマ

20070725akashouma_2

2007年7月14日 友好の森
NIKON D80 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

ツユクサ

20070723tuyukusa

2007年7月14日 ヒロイド原
NIKON D80 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

オカトラノオ

20070721okatoranoo

2007年7月14日 ヒロイド原
NIKON D80 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ベリーハンドブック』

20070721beriihanndobukku 木原浩:『ベリーハンドブック―野いちご、木いちご、草いちご 』、文一総合出版、2006年初版

のんびりと林道を歩きながら目にとまった木イチゴを口に含む。
この時期の森林散策の楽しみの一つだ。

友好の森の中だけでも、4~5種類の木イチゴをすぐに見つけることができる。
花や葉の形や、棘の付き方、実の色や味も様々で楽しい。

イチゴの実100gに対して30g程の砂糖をまぶし、中火でざっと火をとおせば爽やかな酸味のジャムができあがる。アイスクリームやヨーグルトのトッピングに最適だ。

森林の美味しい楽しみを知ることも森林(やま)づくりの第一歩としてとても効果的である。

本書をポケットに忍ばせて散歩に出かけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歴史探索の手法』

20070721rekisitannsakunoshuhou 福田アジオ:『歴史探索の手法―岩船地蔵を追って 』、ちくま新書、2006年初版

川場村の各所には、数多くの道祖神が点在する。
かつて真田の領地だったことも関係しているのか、隠れキリシタンの里でもあったようだ。正面から見るとごく普通の観音菩薩像だが、横から見るとマリア像に見えるものなども散見される。
かつて多くの農山村がそうであったように、川場村の農業は多品目少量生産で市場競争力の低いものであった。そこに養蚕が導入され村内の主力生産物となった。さらにその後も、コンニャク栽培や、近年では観光とセットになったリンゴ生産、ブルーベリー生産など、意識の高い農家によって持続的な農業生産が工夫されてきた。
こうした、農業生産の歴史と数多くの道祖神の存在は無関係なのだろうか。
川場村の林業は、これも他の林業地域と同様に農家によって進められてきた。
もし、道祖神の存在と農業生産が密接に関係するものであれば、道祖神と林業の間にも関連性があることとなる。

森林づくりは地域性の豊かな仕事である。
地域の文化を知ることなしに、地域に根ざす森林づくりを進めることはできない。

本書では、著名な民俗学者である著者が、民俗学の手法を用いて地域文化の考証を進めることの限界を潔く認め、民俗学と歴史学の双方の手法を用いて立体的に地域文化を読み解いていく。

川場の森林づくりにとても大きな示唆を与えてくれる一冊だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

ノカンゾウ

20070719nokannzou

2007年7月15日 湯原地区
NIKON D80 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

ミヤマクワガタ

20070717miyamakuwagata

この数年、ヒロイド原のカブトの森の間伐作業を行ってきた。
伐倒したコナラは、意識して林内に積み重ねておいた。
カミキリムシやクワガタ、カブトムシ等を呼び寄せるためだ。
その成果か、今年は多くのクワガタの姿を見かける。

樹木が何らかの原因で枯死すると、それまでは樹木の持つ生きる力によって侵入を阻まれていた様々な生物が取り付く。
キノコをつくる木材腐朽菌はその代表選手だ。
栄養を得るために菌糸を延ばしながら木材の分解を始める。
木材腐朽菌の侵入によって、堅牢だった枯れ木が次第に軟らかさを増していく。

クワガタの仲間は、そうした時期の樹木に卵を産み付ける。孵化した幼虫は、分解の始まった枯れ木を菌糸もろとも食べ進み蛹となる。カブトムシの幼虫は、さらに分解が進んだものでないと食べることができない。クワガタの幼虫は枯れ木を早く土に返す仕事をしていることになる。

成虫は樹液を吸うが、同じく樹液に集まるカブトムシとのケンカは分が悪いので、カブトムシよりは早く、6月中旬頃に羽化する。

20070714 NIKON D80 105MICRO

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

オドリコソウ

20070717odorikosou

2007年7月15日 太郎地区
NIKON D80 105MICRO

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

今日も良い天気

20070714kabutonomori

都会には「良い天気」と「あいにくの天気」があるけれど、川場の森林には「良い天気」の日しかない。
雨が降って良い天気
雪が降って良い天気
太陽が照りつけて良い天気
森林はそれぞれに、良い顔を見せてくれる。

この日は、梅雨と台風4号の影響で小糠雨のふる一日だった。
こういう日は草木がとても活きいきとしている。
葉や花もほこりが落ちてしっとりと艶やかだ。

写真は7月14日のカブトの森。
植栽後十数年の若いコナラ林だが、成長の良いものは一升瓶ほどの直径に育っている。まだまだ若い林だが、薄霧に覆われて幽玄ですらあった。

土壌が酸性に傾きかけているのか、スギナが林床に目立った。

20070714 雨のカブトの森
NIKON D80 SIGMA10-20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

ヨツボシヒラタシデムシ

20070711yotubosihiratasidemusi

オオモミジの枝にヨツボシヒラタシデムシを見つけた。胸の外殻が透明で美しい。
蛾の幼虫などを食べる虫だ。

森林内には樹木の葉を餌とする虫も多い。本種のような食性の虫がいなければ森林はすぐに丸裸になってしまうだろう。
農林業の分野ではこうした虫を「益虫」と呼ぶ。
「害虫」を捕食し人間に益するからこう呼ばれる。
多様な生物がいて森林の生態系は成り立っている。
「害虫」とは人間の都合によってのみ存在する概念にすぎない。
自然界では不要な存在はない。つまり「益虫」もまた自然界には存在しない。

20070512 NIKON D80 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

ニワハンミョウ

20070711niwahannmyou

友好の森では数種類のハンミョウに出逢うことができる。
ハンミョウの仲間は地面を這うように飛び回りながら餌となる昆虫を探し回る。
人が歩く先々を飛ぶので「道教え」などとも呼ばれる。

幼虫はイモムシ型で地面に穴を掘り、穴の傍を他の昆虫が通るのを待ちかまえている。エノコログサなどの茎をさし入れると、幼虫が噛みついてくるので、静かに引き上げると釣り上げることができる。

本種は、以前に紹介したハンミョウに比べるとやや小型で色彩も地味だ。

20070513 NIKON D80 70-300VR

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 8日 (日)

『自分たちで生命を守った村』

20070707jibunntatideinotiwosukuttamura_1 菊地武雄:『自分たちで生命を守った村』、岩波新書、1968年初版

岩手県沢内村は国内でも有数の豪雪地である。
奥羽山脈の裾野に位置するこの村は、1960年代に至っても、11月の中旬から翌5月初旬まで、積雪によって陸の孤島と化していた。
こうした環境下では農業生産もままならず、村民の生活は絶対的な貧困下にあった。
当然、村の財政も逼迫し、医師を招聘することもできなかったため、都市部であれば怖れるほどのこともない病気でさえも村民の命を奪っていった。とくに老人や乳幼児の死亡率は驚くほどの高さであった。

さらに、こうした中にあって、いやこうした中にあったからこそ村民たちの心は諦念感に支配され、村の有力者達はつまらぬ政争に明け暮れるという漆黒の中にこの村はあった。

本書は、こうした絶望的な状況からの脱却を図った一人の村長による村の再生の記録である。

相次ぐ戦禍、戦後の復興、高度経済成長と、日本は一貫して農山村を蹂躙し続けた。
農山村の復興とは、地域振興とは何をなすことであろうか。
この問題に正面から取り組まぬ限り、森林づくりも都市住民のレジャーに終わることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

★1ヶ月!★

このブログを立ち上げて1ヶ月がたちました!
その間になんと1600件ものアクセスを戴きました。
こんなに多くの方々が見てくださるなんて思いもしなかったことです!
なかには、何度も繰り返し訪問してくださる方もいらっしゃって、感謝感謝です!

写真も文章も素人ですので、ご覧戴きにくいページばかりだったと思いますが、これからも森林(やま)づくりのなかで気づいたことを掲載していきたいと思いますので、おつきあいの程、よろしくお願いいたします!

20070707hoojiro

20070512 梢で高鳴きをするホオジロ 中野地区
NIKON D80 70-300VR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

『山びとの記』

20070704yamabitonoki 宇江敏勝:『山びとの記―木の国 』、中公新書、1980年初版

木挽きの祖父と炭焼きの父を持つ著者もまた、植林、伐採を行う林業労働者である。

農村からは優れた農民文学の担い手が数多く輩出されたが、山村からは見受けられない。
こういったあたりにも、山村文化を考える糸口があるのかもしれない。

著者は山村が輩出した異色だが一流の物書きである。
自身の経験をもとに、そこに住む者にしか見いだすことのできないであろう森林(やま)の文化を綴っている。
気負いのない、実に淡々とした筆致で熊野の森林での生活が活写されている。

戦後わが国の林政は、林家(=山林所有者)を日本林業の担い手と措定し、種々の政策を展開してきた。そのこと自体には説得力のある説明も与えられるが、山林を所有しない林業労働者に関する無策は、やはり反省すべき点であろう。
近年になり、林業労働力の確保に関して泥縄的に取組が開始されはしたものの、遅きに失した感が拭えない。
こうしたなかで注目されるのが「森林ボランティア」であるから、どうしても胡散臭さを感じてしまう。

市民による森林づくりの本質はどこにあるのだろうか。
林業労働者の手による力みのない記録は、これからの活動を考えるうえで欠くことのできない価値観を我々のなかに芽生えさせてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

ニワトコ

20070703niwatoko

2007年5月12日 友好の森
NIKON D80 105MICRO

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『オオタカの森』

20070703ootakanomori 新保國弘:『オオタカの森』、崙書房、2000年初版

本書の出版元は千葉県流山市に本拠を置き、地域色の強い出版を手がけるローカル出版社である。
本書も例に漏れず、同市内で地道に続けられた市民活動の記録である。

千葉県流山市は、近年東京のベットタウンとして急速に開発が進められた自治体である。こうした状況下にある同市内でオオタカが営巣する森が発見される。この豊かな森を守ろうという市民による活動が開始されるが、まもなく大きな障害が立ちはだかることとなる。
同市は、東京と茨城県の筑波研究学園都市を結ぶライン上に位置している。こうしたことから通勤・通学の脚を確保するために常磐新線の敷設が企画され、実行に移されたのだ。そして、この計画は、まさにオオタカの住む森を直撃する計画であった。

オオタカは中型の猛禽類である。猛禽類は食物連鎖の頂点にある生物であることから、その保護には地域の生態系そのものを豊かにする努力が求められる。
都市的環境下にあって猛禽の営巣する森林を守るという途方もない活動は如何にして成ったのか。

森林づくりを目指す者にとって非常に多くの点で参考となる一冊である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

ホトケノザ

20070702hotokenoza

2007年3月26日 中野地区
NIKON D80 60MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カキドオシ

20070702kakidoosi

2007年5月13日 友好の森
NIKON D80 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

『社会学入門』

20070701shakaigakunyuumonn 見田宗介:『社会学入門』、岩波新書、2006年初版

社会学界の重鎮である著者の集大成ともいえる一冊である。

社会の本体は人間にあり、だから社会学は人間学であると断言するところから本書は始められる。

スギ・ヒノキの人工林や、薪炭林・農用林として利用されてきた雑木林は言うまでもないが、われわれ人間社会と没交渉な森林はこの世に存在しない。
ゆえに、社会はいかにして形成されるのか、社会はいかにして変化するのか、といった視点を失っては森林(やま)づくり活動が成果を上げることはできない。

わが国の人口の8割を擁する都市社会が森林に与える影響は正負両面ともに無視できるものではない。一方で、農山村社会の在り方は直接的に森林に影響を与える。

「社会」を見つめるという合意さえなされれば、手法・対象ともに社会学にはタブーはなく、領域横断的な学問として存在している点が本書では強調される。

社会と森林の関係性を考えるうえで恰好の入門書である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »