« 毒キノコの見分け方 | トップページ | ヤマハギ »

2007年9月11日 (火)

クマバチ

20070911kumabahci

クマンバチとクマバチ、たった一文字違いで紛らわしい。地域によっては入れ替わることもあったりしてよけいに混乱する。クマンバチはスズメバチの別名だ。スズメバチは人畜に対する攻撃性も強く、食性も他の昆虫を襲って食べる肉食性のハチである。
一方のクマバチは、一応針はもってはいるものの、まず人を刺すことはない。
蜜や花粉を食べる温和しい性質のハチだ。ミツバチやスズメバチのように群れをつくらず、単独で生活する。「熊」の名が示すとおり、ずんぐりとした体型で、体長の割には大きく見える。おいしい蜜を出す花を見定めているのか、羽音を立ててホバリングをしてから花にとりつく。
採餌は開放地で行い、営巣は樹林地で行うため、樹林地と草原がモザイク状に配された環境下でよくお目にかかる。立木の枯れ枝の中に穴を空けてトンネル状の細長い巣を作るため、林内には適度に枯れ枝が必要だ。

多様な生物を確保するためには、森林内だけをとってみても、生長盛んな若木、洞をもつような老木、未だ倒伏しない枯れ木、倒木等々、多様な環境が必要だ。多様な生物が取り持つ絶妙なバランスこそが、薬剤も、大きな労力も必要としない健全な自然環境を支えている。時に人間に害を為す生物も自然の中では何某かの役割を演じているし、様々な生物が拮抗することで甚大な被害が出ることも少ない。

無雪期を通して花から花へと飛び回るこのハチを目にしなくなると降雪も間近だ。

20060821 NIKON D70 60MICRO

|

« 毒キノコの見分け方 | トップページ | ヤマハギ »

虫と一緒に森林づくり」カテゴリの記事

コメント

東京の人間です
くまんばちを調べて見つけました

部屋の下に巣を作っていて
ドアを開けると
ブンブン飛ぶので
刺そうと狙われているのかと
困っていました。

複数で集まらないとの事ですが
二匹でよく居ます

大人しいなら
ほっておきます

蜂が大好きなので
むしろ嬉しいです


投稿: mina | 2012年6月22日 (金) 20時16分

くろださん
ご訪問ありがとうございます!
今年の夏は植栽後十数年経ったエンジュの木に初めて花が咲きました。あまり強くじゃないけれど、とても良い香りのする花で、クマバチも沢山遊びに来ていました。
森林が、自然が、絶妙なバランスで成り立っていて、それを見つけることの楽しさを少しでも多くの方にお伝えできればと思っています。
これからも、よろしくお願いします!

投稿: くま | 2007年9月11日 (火) 23時58分

こんばんわ~お邪魔します。
実は、もう何度もお邪魔して
綺麗な写真に癒されてました。
遅ればせながらありがとうございます。

先週、スズメバチで大騒ぎしましたが
クマバチ、いいキャラですねカワイイ!
多様な動植物が豊かな森を微妙なバランスで保っているんだな~。

また、お邪魔させてください。

投稿: くろだ | 2007年9月11日 (火) 23時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クマバチ:

« 毒キノコの見分け方 | トップページ | ヤマハギ »