« 養成教室(枝打ち)2007/12/09(1) | トップページ | 木々の異常 »

2007年12月24日 (月)

冬の彩(3)

20071224ubayuri

冬の森林(やま)は何もないように思われるが、そのようなことはない。
たしかに、新しい息吹が一斉に芽吹く春の賑やかさはないし、夏の力強さも、秋の豊饒とも違うが、冬には冬の良さがある。
春を待つ種子は、落葉の下で芽吹きの準備を着々と進めている。

カラマツ林の林縁で美しい造形を見せるのは、種子をとばした後のウバユリの実だ。
一本のウバユリが、おそらく千を超す種子を実らせる。
もし、全てが芽生えたら辺り一面がウバユリだらけになるはずだが、そうはならない。
まるで、他の生物の餌となることや、土を肥やす自分の役割を知っているかのようだ。

夏に咲くウバユリバユの花も綺麗だが、冬枯れの林床に凜と立つ姿もまた画になる。

20071208 カラマツ人工林の林縁で(中野地区)
NIKON D80 28-200

|

« 養成教室(枝打ち)2007/12/09(1) | トップページ | 木々の異常 »

その他諸々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の彩(3):

« 養成教室(枝打ち)2007/12/09(1) | トップページ | 木々の異常 »