« ★6ヶ月!★ | トップページ | 専科教室(間伐)2007/12/08 (1) »

2007年12月10日 (月)

ウスタビガの繭

20071210usutabiganomayu

枯れ葉色の景色の中で、ひときわ目をひくのはウスタビガの繭だ。
蛍光色のような鮮やかな緑色をしている。
ヒロイド原では、ケヤキやヤマボウシの細い枝に目立って着いていた。
秋には羽化しているから空の繭だが、山の木々が葉を落とした冬景色によく似合っている。

ウスタビガはクスサンなどと同じヤママユガの仲間だ。
この仲間の成虫は、餌をとる口さえなく次世代を生み出すためだけに存在する。
こうした生活史をもつ生物もいることを知ると、命とは何のために存在するのだろうかと、柄にもなく哲学的なことさえ思ってしまう。

目をひく色彩であるのに、けして下品ではなく、軽やかであるのに強靱なこの繭は、「山かます」と呼ばれている。

20071201 NIKON D80 70-300

|

« ★6ヶ月!★ | トップページ | 専科教室(間伐)2007/12/08 (1) »

虫と一緒に森林づくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウスタビガの繭:

« ★6ヶ月!★ | トップページ | 専科教室(間伐)2007/12/08 (1) »