« 養魚場の見学 | トップページ | 『野鳥と木の実ハンドブック』 »

2008年1月30日 (水)

●おかあさん百選●

川場村の村議会議員、くろだまりこさんのブログでとても嬉しいニュースを見つけたので、ここでも紹介したい。

国土交通省と連携して農林水産省が実施している「農林漁家民宿おかあさん100選」に谷地地区の“民宿富士見荘”の関せき子さんが選ばれた。

残念なことに私はまだ面識を得ていないが、村内の方が全国区で認められるというのはとても嬉しいことだ。
“民宿富士見荘”は茅葺き屋根を残す旧家を利用した民宿で、野菜の直売なども行っており、関さんは村内の様々なイベントなどでも活躍なさっているようだ。

私が足場としている“世田谷区民健康村”の役割として、川場村の地域振興を図ることがある。
一度、健康村を利用すると、村内の様々な情報が得られて、次の来村時には村内の民宿を利用したり、農林業体験を積んだりと、活動が広く展開するきっかけ作りをすることも大切だと思う。

小泉首相の下で“指定管理者制度”が2003年から開始されたが、“世田谷区民健康村”の指定管理者には(株)世田谷川場ふるさと公社が認定されている。
この制度が始まったことによって、世田谷区・川場村の両議会に於いて“指定管理者の仕事ぶり”が審査されることとなった。“ふるさと公社”も稼働実績づくりに腐心せざるを得なくなったのではないだろうか。そのため村内の民宿などを紹介する余裕もあまりなく、自らの施設への集客にむけた努力が必要となってしまっているように感じられる。
もちろん、公的な施設の管理運営が杜撰になることは避けなければならないし、そのためには議会などでの厳しい審査も必要なことだ。
けれども、審査の項目が施設の稼働実績など単純なものに留まるのはどう考えてもおかしなことだ。
来村者に対して、村全体をPRする活動や、施設を紹介斡旋する仕事などの実績を重く見なければ、“健康村”が出来たことによって来村者は増えたけれども、村内は少しも豊にならないという本末転倒の事態を招きかねない。

おかあさんの宿を訪ねてみよう。

|

« 養魚場の見学 | トップページ | 『野鳥と木の実ハンドブック』 »

その他諸々2008」カテゴリの記事

コメント

ようじさん

コンニャクのプロが紹介してくださるんですから、コンニャクの唐揚げはよほどの絶品なんでしょうね!

投稿: くま | 2008年1月31日 (木) 12時25分

Berryさん

何も表彰されるばかりが大切なんじゃありませんけどね。
それでも、日々の心遣いが認められるのは嬉しいものですね。
きっと、川場にはもっともっと良いところがあると思います!
Berryさんのページでもご紹介下さいね!

投稿: くま | 2008年1月31日 (木) 12時22分

富士見荘は毎年1回ですが、宴会と宿泊をしています。
普通の民宿ですが、こんにゃくの唐揚げが料理としては
珍しいですね(^^)

投稿: ようじ | 2008年1月31日 (木) 11時38分

今日私も新聞でみました♪
読売の群馬版だけど( ´艸`)ムププ

こうして素敵な宿があるってことは
村にとってとってもいいことですね((´∀`*)v

投稿: Berry | 2008年1月31日 (木) 09時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●おかあさん百選●:

« 養魚場の見学 | トップページ | 『野鳥と木の実ハンドブック』 »