« フクジュソウ | トップページ | 人のふり見て・・・ »

2008年2月16日 (土)

春駒祭り

20080216harukoma1

門前地区に春の訪れを告げる“春駒祭り”の日を迎えた。
かつては、初午の日に行われた行事だが、サラリーマン世帯が増えた世相を反映して、最近では2月11日に実施されている。
もともと、養蚕が盛ん20080216harukoma2_2だったこの地区の養蚕農家の祭りで20080216harukoma3ある。

  地区内各戸の長男が演じ手となる。
“おっとう”と“おっかあ”が一人ずつ、それに“娘”二人で一組。
“おっかあ”と“娘”役に扮する若者は、顔に白粉をはたき、紅をひいて女装す20080216harukoma5 る。

未だ明け切らぬ時間に吉祥寺を出発し、二組で130戸あまりの門前地区の全戸をまわり豊饒を願う。
家々では、“春駒”の名の由来となった木製の馬の頭を手に、養蚕業の機微が織り込まれた歌にあわせて静かな踊りが披露される。

現在では養蚕農家もすっかり居なくなってしまったが、門前地区の人々は保存会をつくり、この祭りを繋げている。
祭りを繋げていく過程そのものが地域の絆をつくることを大切にしているのだろう。
観光客のもたらす経済的な利益よりも、地域の絆が大切であることを理解しているのだろう。

森林(やま)づくりは地域社会を繋げていく仕事に他ならない。
地域社会を理解することなしに、森林づくりが成就することはない。

20080216harukoma4

|

« フクジュソウ | トップページ | 人のふり見て・・・ »

その他諸々2008」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしいので・・・なんておっしゃらずに何かハンドルネームでもお願いします!

文面からすると、川場の方でしょうか?
お子さんをお預かりしたでしょうか?

“春駒"も間違いなく川場の顔の一つだと思います!
是非来年こそはご覧下さい!

投稿: くま | 2008年2月22日 (金) 12時06分

まだ春駒を見たことが無い・・・のです。
お恥ずかしい話ですが・・・
昨年、自慢そうに見たことが無いと言ったら叱られたので、今年こそはと思いましたが都合が付かず行けませんでした。
4年生の我が子は、社会科見学と言うことで自由参加ではありましたが、担任の先生と本人は他に用事があったので少しの時間では有りましたが雰囲気を味わえたようです。
来年こそは!!

投稿: ・・・(恥ずかしいので) | 2008年2月22日 (金) 09時38分

くろださん

私は2年ぶり2度目の春駒でした!
地区の若手がきちんと地域社会をつくっているなあ、と感じることができる素晴らしいお祭りですね!

投稿: くま | 2008年2月17日 (日) 00時37分

吉祥寺の灯りがいいですね~!

結局、今年もゆっくり見に行けませんでした。
夕方、沼田からの帰りに移動中の姿を
見送ってお仕舞い。
残念!!

投稿: くろだ | 2008年2月16日 (土) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/10554796

この記事へのトラックバック一覧です: 春駒祭り:

« フクジュソウ | トップページ | 人のふり見て・・・ »