« チェーンソー講習初日 | トップページ | チェーンソー講習2日目 »

2008年2月29日 (金)

お猿!

20080229saru

川場湯原地区と木賊地区が接するあたりで今年初めて猿に遭うことができた。

1月4日に、このブログでも猿の話を書いたが、その時には未だ遭うことができずに古い写真を使った。今回はオンタイムの写真だ。

この日は30~40頭、いや50頭近くはいただろうか。
猿の存在に気づいたときには4~5頭程度かと思ったのだが、物陰から静かに見ていると次々に現れては雪の斜面を登り、視界から消えていった。

先日、埼玉県の秩父地域で林業を営む方とお話をする機会に恵まれたが、その時に面白い話を聞いた。

秩父も、農山村の例に漏れず、役場のサイレンが昼時を告げる。
サイレンが鳴ると、住民達は畑仕事や山仕事の手を休めて家に入り昼食を摂るのだが、実はこのサイレンが猿にとっても合図になってしまったというのだ。
あのサイレンが鳴ると、おっかない人間どもが家に入って畑にいなくなるということを学習してしまったらしい。
サイレンが鳴ると、人は家に入り、猿は山から畑へと出てきて、顔を合わせることなく共に食事の時間を楽しむようになったという。
しかも、サイレンが鳴るまでは家に人間がいないことまで彼らにバレてしまい、人間が昼食を摂ろうと家に入ると、猿が炬燵に入ってテレビを見ながら蜜柑を食べていたとか、冷蔵庫を開けて献立を考えていたとか・・・そこまで行くとさすがに眉唾だが、ともかく家にまで侵入してくることは確からしい。

野生動物と人間との共存は、是非実現しなくてはならない重要な課題だ。
野生動物が豊かな森林づくりを目指したい。
しかし、動物が豊富になると、人間との軋轢も増える。
このジレンマを解消する方策を考えることも森林(やま)づくりの課題だ。

20080223 猿の群れ(木賊地区)
NIKON D300 70-300

|

« チェーンソー講習初日 | トップページ | チェーンソー講習2日目 »

川場のけものたち」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お猿!:

« チェーンソー講習初日 | トップページ | チェーンソー講習2日目 »