« 植林 | トップページ | クスサンの繭(すかしだわら) »

2008年4月 1日 (火)

コナラの冬芽

20080401konaranohuyume

3月23日のカブトの森。
あたりには春の気配がだいぶん濃厚に漂いはじめていた。
様々な植物の新芽が目に鮮やかだったし、いろいろな虫もちらほらと飛び交いはじめていた。
けれど、カブトの森の優占樹木になっているコナラは未だ堅い冬芽のままだった。
近づいてよく見ると、鱗片状の模様が美しい。
この芽がほどけて新葉が展開しはじめると、カブトの森は一気に賑やかになっていく。

今日、4月1日の川場は大雪で、30cmもの積雪があったようだ。

20080323 コナラの冬芽(ヒロイド原・カブトの森)
NIKON D300 28-200

|

« 植林 | トップページ | クスサンの繭(すかしだわら) »

その他諸々2008」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コナラの冬芽:

« 植林 | トップページ | クスサンの繭(すかしだわら) »