« タチツボスミレ | トップページ | キクザキイチゲ »

2008年4月28日 (月)

シロバナエンレイソウ

20080427sirobanaennreisou

やや湿り気のある雑木林の林床に一風変わった植物を見つけた。
1枚1枚が大人の手のひらほどもある葉が3枚輪生し、その中央に凜とした白い花(花被)をつけている。

ユリ科のシロバナエンレイソウという植物で、センス良く図案化された徽章のような美しい花が特徴的だ。

エンレイソウは漢字では“延齢草”と書くが、どうやら当て字のようで“長寿の薬”というわけではないらしい。

辺りにはカモシカの糞や足跡などが沢山ついているのだが、どの葉も欠損がない。
まだまだ緑に乏しいこの時期に無傷でいるということは、草食の動物にとって有毒なのか、不味いのか、判然とはしないが不思議なことだ。。

20080423 シロバナエンレイソウ(ヒロイド原)
NIKON D300 105MICRO

|

« タチツボスミレ | トップページ | キクザキイチゲ »

川場の花図鑑2008」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シロバナエンレイソウ:

« タチツボスミレ | トップページ | キクザキイチゲ »