« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の18件の記事

2008年5月30日 (金)

川場行

20080530kawabakou

東京・横浜方面から川場村を目指して車を走らせると、目に映る景色の変化が面白い。

川幅・地形・人家・田畑・・・様々なものが刻々と姿を変える。
東京から他の地域に出かけるのと違って、シンプルな移動であることも、変化の理由などについての理解を進め、興味をもちやすい要因となっている。

東京から川場へは、ひたすら北上。ひたすら標高アップ。
植生分布の水平分布と垂直分布を体感できる。

20080515 関越高速
RICOH GR DIGITALⅡ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

『ナラ枯れと里山の健康』

20080525naragaertosatoyamanokennkou 黒田慶子:『ナラ枯れと里山の健康 』、全国林業改良普及協会、(2008年初版)

カビの仲間が引き起こす“ナラ枯れ”が全国的な問題となっている。
カシノナガキクイムシ(通称:カシナガ)が菌を媒介し、ミズナラやコナラなどを罹患させる。
この病気にかかると、夏だというのに、急に葉を赤くして枯れてしまう。

1980年代以前は、山形県などの限られた地域にしか認められなかったこの樹病が、このところ急速にその範囲を拡大している。

この樹木の病気は、大径木を中心に集団的な枯死をもたらすために、里山管理を実践するメンバーの中では大きな心配事となっている。

幸い、現在のところ関東地方からは発病報告はなされていないものの、福島・長野・新潟・愛知など、関東を取り巻く地域では発生が認められているため、対岸の火事として安閑としていることはできなさそうだ。

里山は、人間の生産と生活のなかで形成されてきた森林だ。
人間が利用することで、常に小中径木が優占し、再生が図られてきた。
そうした森林を人間が利用しなくなったために、被害が甚大化しているようだ。

川場村にも多くの里山が存在する。
私たちの森林(やま)づくりでも襲来が予想される状況に対処していきたい。

本書では、森林総合研究所を中心とする研究グループが、事の緊急性に鑑み、研究途上の情報まで含めて発信してくれている。
内容も、“ナラ枯れ”の発生機構から、里山管理の指針にまで至る実用性の高いものとなっている。
森林(やま)づくりに関わるメンバーには一読をお願いしたい一冊だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

オジロアシナガゾウムシ

20080524ojiroasinagazoumusi

5月11日の友好の森で、一匹の虫が目にとまった。

白黒のツートンカラーの体色は、鳥の糞に似せた擬態であるといわれている。

この日は、冷たい雨が降り続いたが、このゾウムシは灌木の枝にしがみついたまま何時間も動かずにいた。
実は、雨の中どころか、こうして吹きっさらしの枝にしがみついたまま越冬するのだから昆虫界の変わり者である。
越冬する虫の多くが、物陰や土中などで寒風を避けて越冬するというのに不思議なことだ。

この虫は、成虫も幼虫もクズを食べる。
クズも自然界では、弱った樹木に巻き付き、世代交代のサイクルを速やかに進行させるという大切な役割を担っている植物なのだが、人工林においては迷惑な厄介者として忌み嫌われている。
同じ蔓植物でも、フジやアケビは蔓を工芸品その他に利用できたりするので、人間からは比較的温かい目で見てもらえるのだが、クズはそうした利用に供されることもないため目の敵にされている。

こうした虫がいることで、クズの蔓延も、その勢いが抑えられている。

※フォトアルバム“川場の虫図鑑”公開中です。是非ご覧下さい!

20080511 小枝にしがみつくオジロアシナガゾウムシ(友好の森)
RICOH GR DIGITALⅡ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

イカリソウ

20080523ikarisou

暑いほどの陽射しの川場村も、杉の造林地にはいると涼しいそよ風がゆっくりと吹いていた。

足下に目をやると、薄いピンクの花が風に揺れていた。
その花の形から“碇草”と名付けられた花だ。

この仲間は強壮作用をもつ薬草として古くから利用されてきた。
そのためか、あるいは変わった形のためか、都会の山野草ファンにも人気が高く、盗採にあうことも多い。

さらに、木漏れ日が届く林床を彩る花なので、森林の管理に手がまわらなくなった現在では自生域を狭めつつある。

春にイカリソウが咲く川場を大切にしていきたい。

※フォトアルバム“春の花図鑑”を開設しました。是非ご覧下さい!

20080515 イカリソウ(中野地区)
NIKON D80 70-300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

上州武尊山

20080521hotakayama

5月15日、それまで続いた雨模様の肌寒い日が嘘のように感じられる五月晴れの一日となった。

川場村は、武尊山の南麓に張り付くように村域を広げている。
そのため、武尊山を見上げると北方向を向くことになり、なかなかその美しい山肌を見ることができない。
「川場の人間は綺麗な武尊を撮れないんだ」という話を、地元の写真クラブのメンバーから聞いたこともある。

けれどもこの日は武尊山が実に綺麗にそびえていた。

この日までの一週間ほどで一気に進んだ新緑の芽生えと、山頂付近の雪の白さのコントラストに目を奪われた。

20080515 上州武尊山(沼田市と生品地区の境界付近からの眺望)
NIKON D80 70-300

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

『里山の一日』

20080519satoyamanoitiniti_4

昨年末に、写真家の今森さんの『里山を歩こう』という著書を紹介した。
この全4巻のシリーズも、琵琶湖畔に居を構え、人と自然が織りなす“里山”をやわらかい目線で見つめる今森さんならではの著作である。

写真家が依頼を受けて取材をするのでは、決して切りとることができないであろう里山の日常が、静かで深い文章とやわらかく温かい写真によって綴られている。

珍しい物を並べた見せ物的なものでもなく、感動的な情景を並べ立てた芸術作品でもなく、ごく当たり前の里山を素直に、正直に表現できる姿勢と力量には感服するばかりだ。

川場を舞台に、こうした著作を世に出したいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

“友好の森ナビゲーター”講習会

20080518sennkakyousitu

5月10日から11日の2日間、“森林(やま)づくり塾”の“専科教室”の一環として、“友好の森ナビゲーター講習会”を実施した。

“専科教室”は1年間に4回実施される“養成教室”の修了者を対象とする上級者向け講座だ。

今回の教室は、少人数(8名以下)の方々を友好の森に案内することができる資格である“友好の森ナビゲーター”資格の取得を目指される方々を対象者に迎えて実施した。

野外で活動における危機管理や、野外活動プログラムの作成、友好の森を人々に伝える工夫と配慮等々、多岐に及ぶ項目について、座学と実習の双方を繰り返しながら学んでいただいた。

今回の受講者の方々は、大変熱心に受講してくださり、その甲斐あって全員が合格し、晴れて“ナビゲーター”資格を手にされた。
これからは、私たちとともに、友好の森を多くの方々に楽しんでいただくための活動を展開してくださることだろう。

20080511 “友好の森ナビゲーター講習会”(森の学校)
RICOH GR DIGITALⅡ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

ツチグリ

20080516tutiguri

川場スキー場近くの広葉樹林の中で“パフパフ”を見つけた。
星形に開いた座布団の上の玉を指で押すと、“ぱふぅ”と褐色の煙が吹き出すので、子どもの頃から“パフパフ”と呼んできた。

“パフパフ”は、標準和名を“ツチグリ(土栗)”というキノコの一種だ。
まさに、土の上に栗が置いてあるようで言い得て妙である。
英語圏では“Barometer Earthstar”という。
“Earthstar”は“地上の星”とでも訳せばよいだろうか、その形を表している。
“Barometer”は“バロメーター(指標)”である。
何のバロメーターかというと、湿度のバロメーターなのだ。
星形の外殻が、湿度の高いときには開き、湿度の低いときには閉じる仕組みになっている。
指で押すと吹き出す煙の正体は、このキノコの胞子で、湿度が高いときに放出されないと成長を続けることができないので、外殻が胞子の放出時期をコントロールしていることになる。
空気中の湿度が高まり、外殻が開き、さらに雨滴に叩かれることによって勢いよく胞子が噴出する。

東南アジアなどでは食用にも供されるようだが、日本では食用には用いない。

20080510 ツチグリ(川場スキー場近くで)
NIKON D300 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

スイバ

20080514suiba タデ科ギシギシ属の多年生草本。
“酸い葉”の名のとおり、茎を噛むと酸っぱい味がする。“スカンポ”という別名の方が馴染みがあるかもしれない。

ヨーロッパでは“ソレル”という名でハーブの一種として利用されている他、日本でも若く柔らかい芽をおひたしなどにして食べることもある。
しかし、シュウ酸を多く含むため多食すると肝機能障害を起こす場合があるので常食は避けた方がよい。

薬効もみとめられていて、利尿作用や制癌作用があるとされ、“酸模(さんも)”という生薬名もつけられている。

日当たりを好むこの植物は、伐採跡地などの開けた場所でよく目にすることができる。

ベニシジミという小さな蝶の幼虫の食草である。

20080510 スイバ(ヒロイド原)
NIKON D300 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

ミヤマキケマン

20080512miyamakikemann

ミヤマキケマンは漢字で書くと“深山黄華鬘”。
華鬘とは、もともと花でつくった装飾品で、仏教の世界では仏像や寺院のお堂などを飾る装飾具となっている。

なんとも話は複雑なのだが、花でつくった装飾品である華鬘に似た花を咲かせる植物が中国原産のケマンソウ。このケマンソウに似ていて黄色い花を咲かせる植物がキケマン。
キケマンに似ているが有毒植物であることから、キケマンと区別するためにミヤマキケマンの名が付けられたという。

このミヤマキケマンには、有毒成分が含まれていて、葉や茎を傷つけるとアセチレンガスやゴムのような臭気が漂い、これを沢山吸い込むと吐き気がしたり酩酊状態になったりするといわれている。

川場村では4月中旬くらいから5月初め頃に咲き、この花と入れ替わるように近縁種の“ムラサキケマン”が咲き始める。
林道脇などに多くみられ、光の少ない林内では見られない。

20080423 ミヤマキケマン(小田川地区)
NIKON D80 70-300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

シュンラン

20080508shunnrann_2

明るい雑木林の林床で、シュンランが静かに花を咲かせていた。

シュンランは“春蘭”。
文字どおり春の花だ。

シュンランの実生は、何年もの間、地下で球形の地下茎を生長させる。
腐生植物と呼ばれる、光合成をおこなわないグループがあるが、シュンランもしばらくの間は腐生植物に近い態様ですごす。
その後、条件が整うと地上部に葉を伸ばし、花をつける。

北海道から九州にまで自生する、馴染みの深い蘭だったのだが、人々が雑木林を利用しなくなったことで、シュンランも姿を消しつつある。

春になるとシュンランが咲くような森林(やま)づくりを進めたい。

20080423 シュンラン
NIKON D300 105MICRO

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月 7日 (水)

ウスバサイシン

20080507usubasaisinn1

〈花図鑑〉なのに、花のない写真。
ではなくて、このハート型の葉の下に花が用意されている(下の写真)。

“ウスバサイシン”というウマノスズクサ科の多年草だ。
雪どけを待って、地下茎から葉柄をだして葉を広げ、2本の葉柄の地ぎわに暗褐色の花を一つだけ着けるが、辺りの枯れ葉に隠れていて見えにくい。

“ウスバサイシン”はヒメギフチョウとい20080507usubasaisinn2う可愛らしい蝶の幼虫の食草だ。
川場村では、あまり目にすることのない蝶だが、雑木林の手入れが進めばきっと増えることだろう。

20080423 ウスバサイシン
NIKON D300 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★11ヶ月!★

20080507amagaeru

おかげさまで、ブログ開設11ヶ月の日を迎えました!

相変わらずの脈絡のない更新で、花ばっかり続いたり、本ばっかり続いたり・・・
もっとバランスのいい更新ができればよいのですが・・・

それにしても、4月にはいると開花のラッシュであれも紹介したい、これもお知らせしたいと気ばかりが焦りますが、写真を撮り忘れていたり、写真があってもピンボケでとてもお見せできる状態ではなかったりと、なかなか難しいものです。

そろそろ川場村では虫たちの活動も本格化しますので、また色々な記事をアップさせていただこうかと思っています!

写真は4月23日のヒロイド原で出逢ったアマガエル。
アマガエルというと綺麗な緑色を思い浮かべますが、森林の中ではこのような見事な保護色に身を包んでいます。
また、アマガエルは樹上性の高いカエルで、樹木の高いところでお目にかかったりもします。
このときは、水場からは数百メートルも離れた場所で出逢いましたが、ぴょっこらぴょっこら遠出をしてきたようです。

今月は、5月10日~11日に、“友好の森ナビゲーター”という資格を認定する講習会のために川場へ出かけます。

20080423 保護色のアマガエル(ヒロイド原)
NIKON D300 105MICRO

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

フキ(雌花)

20080505hukimebana

意外と知られていないことだが、フキは雌雄異株の植物だ。
雄花は中心部が黄色く色づき、雌花は白い。
不思議なことに、野山で目にする蕗の薹は圧倒的に雄株が多く、雌株はあまり見かけない。
また、雄株は花が終わると枯れてしまうが、雌株は40~50cmもの高さに育ち実を稔らせる。

ちなみに、北海道・東北地方には“アキタブキ”という種類が自生するが、葉の直径が1m以上、葉茎の長さも2mあまりにもなる。
食用として流通する物の多くは、このアキタブキを原種とする栽培品種が多い。

20080423 フキ雌花(ヒロイド原)
NIKON D80 70-300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒトリシズカ

20080505hitorisizuka2

センリョウ科の多年草。

独特の光沢のある葉の間に、一つだけ花(花穂)をつける様子を静御前の舞姿に見たてた名だといわれている。

数株から数十株が群生することが多く、名の由来を“一人静かに佇む”と誤解していると違和感を覚えるかもしれない。

20080505hitorisizuka1_2雑木林の林床で雪融けを待って一気に成長するが、他の植物が枝葉を繁らせる前に陽光を浴びて次世代を残すという戦術をとっているのだろう。

20080423 ヒトリシズカ(小田川地区)
NIKON D300 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

かわず合戦

20080503kawazugassenn1

春のある晩に、辺り一帯に住むヒキガエルが池に集まってくる。
冬眠から覚めたばかりの彼らは、パートナーを見つけて産卵をするのだ。
“かわず合戦”という。

オスはやっと射止めたメスを逃がさないために、前足に突起をもっていて、その突起でメスの背中をしっかりと抱く。
このときのオスのヒキガエルは動くものなら何でも抱きつくのだが、上手くしたもので、オスがオスに抱きついた場合は、抱きつかれたオスが特有の鳴き声を発する。すると、抱きついたほうのオスは間違いに気づいて手を弛める。
かなりの力を込めているようで、他の種類のカエルなどが紛れ込むと、メスと間違われて抱きつかれ絞め殺されてしまうことすらある。

写真は4月23日のヒロイド原。
おそらく前の晩が、かわず合戦の晩だったのだろう。
何組かのペアーがまだ池に残っていた。

きちんとした記録をとっていないので感覚にすぎないが、やはり例年よりも10日ほど早いように思う。

20080503kawazugassenn2

20080423 かわず合戦(ヒロイド原)
NIKON D80 70-300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陽春

20080503tukusi

ほんの十日ほど前までは、村内のあちこちでこんな風景を目にすることができた。

昨年の12月はほとんど雪がなかったと思えば、年が明けるや一転して大雪に見舞われ、4月に入っても20cmもの積雪があり、かと思うと例年よりも1週間も早くリンゴの開花。

ちょっとおかしな季節の変化が深刻な異常の兆しでなければいいのだが。

3月と4月に植えたコナラやクヌギも、何とか根付いたようだし、もうすぐ下刈りの季節がやってくる。

20080423 土筆(谷地地区) 
NIKON D80 70-300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

エイザンスミレ

20080501eizannsumire

春の川場村では、数種類のスミレに出逢うことができる。

スミレの仲間は同定が難しく、なかには根まで掘り起こして観察しなければ判別できないものまであるが、このエイザンスミレは、比較的同定がしやすい。
キク科の植物のように切れ込みの入った葉が特徴である。一枚の葉が3裂している。
よく似た種類にヒゴスミレがあるが、こちらは5裂する。

エイザンスミレには“エゾスミレ”という別名があるが、北海道には自生しない。
どうしてこのような別名が付いたのだろう。

広葉樹林の林床などで目にすることができるが、比較的明るい環境を好むスミレなので、手入れ不足で暗くなった林内からは姿を消す。
このスミレが自生するような環境を保つというのも、雑木林の管理の目安になる。

20080423 エイザンスミレ(小田川地区・タケさんの雑木林にて)
NIKON D300 105MICRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »