« 木イチゴの季節 | トップページ | アヤメ »

2008年6月29日 (日)

ジョウカイボン

20080629joukaibon

村内のあちこちのブルーベリー畑では、まだ青い実が次第にふくらみ始めていた。
ふと見ると、あちらこちらにハナカミキリによく似た昆虫がいる。

わりとよく見かける普通種なのに、幼虫時代の生活がほとんど解明されていないという不思議な虫だ。
堅い翅をもつ甲虫の仲間に分類されるのに、翅もやわらかい。

漢字で書くと“浄海坊”。
“浄海坊”とは平清盛の法名(僧侶としての名前)である。
話はややこしいのだが、カミキリモドキという昆虫がいて、これがジョウカイボンとよく似ている。
カミキリモドキは、皮膚に付くと火傷のような炎症を起こすカンタリジンという物質をもっており、熱病に苦しんだ平清盛の法名がこの虫に付けられるはずだったのに、間違えられてジョウカイボンに付けられたというのだ。

この虫は、他の虫を補食する肉食昆虫だ。
ブルーベリー畑に多かったということは、ブルーベリーを好む虫を狙っていたのだろう。
木の上を忙しそうに歩き回っているかと思うと、直ぐ隣の木に飛んでいって餌を探していた。

20080629joukaibon2_2こうした捕食生の昆虫がいるおかげで森林もその姿を保っている。

20080619 ジョウカイボン(中野地区・川場湯原地区)
NIKON D300 105MICRO

|

« 木イチゴの季節 | トップページ | アヤメ »

虫と一緒に森林づくり2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/21954764

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウカイボン:

« 木イチゴの季節 | トップページ | アヤメ »