« カワトンボ | トップページ | ヤマカガシ »

2008年7月 3日 (木)

のり弁

20080702noribenn

今の時代、日本にこんなものが他にあるだろうか?

ご飯の上に醤油が染みこんだおかかを敷き詰め、その上には香り高い海苔が敷しいてある。名前のままならここまでで充分なのに、そのまた上には、白身魚のフライにちくわの天麩羅、鶏の唐揚げにきんぴらゴボウ。まだまだ終わらず、ほうれん草のおひたしにお新香。

こんなに慎ましいものがあるだろうか。
これだけ乗って“のり弁”だ。
そしてさらに凄いのは、ちゃんと“のり弁”なところだ。

ありもしないこと、できもしないこと、中身を知られたら困ることを、過剰な広告や包装でくるみこんで誤魔化すことが普通になっているわが国で、こんなに潔い名前が付いた商品は他にない。

森林(やま)づくりも、こんなふうにありたいものだ。

20080702 のり弁
RICOH GR DIGITALⅡ

|

« カワトンボ | トップページ | ヤマカガシ »

その他諸々2008」カテゴリの記事

コメント

茶々さん

はじめまして!
コメントありがとうございます!
こんなに美味いのに、このネーミング!
いろいろな時に見習いたいと思っています。

投稿: くま | 2008年7月 7日 (月) 23時20分

はじめまして!
のり弁から日本の問題を連想されるとはすごいですね!!

「潔さ」にはドキッとしました。

投稿: 茶々 | 2008年7月 7日 (月) 16時16分

ようじさん

あなたものり弁フリークでしたか!
つい手が出ますよね!

拙い写真を押し付けてしまって申し訳ありませんでした。
20~30年経つと、ああいう写真はいい記録になるように思っています。

投稿: くま | 2008年7月 5日 (土) 21時55分

のり弁、私もかなりの確率で買ってしまいます。(^^)
のり、おかか、白身魚のフライ、等々大好き

昨日なかのビレジで写真を頂きました。
さっそく家に飾っておきました。

ありがとうございました。m(__)m

投稿: ようじ | 2008年7月 4日 (金) 14時00分

mimimiさん

いつもコメントが少ないこのブログですが、“食い物ネタ”には皆さん食いついて下さいます!

そ、それにしても・・・
反応に苦しむコメントをありがとう!

投稿: くま | 2008年7月 3日 (木) 15時22分

Big Dipperさん

そうそう!
懐かしさものり弁の嬉しさにひと味添えてくれています!

食品偽装問題・・・
複雑な問題ですよね。
偽装することも問題行為ですが、世間が若干的はずれに騒いでしまっているようにも思います。
そもそも、日本の農林水産物は、生産地(原料供給地)ブランドではなく、加工地ブランドですので、食品製造に携わっている方々が“モンスター”の餌食にされてしまっている部分もあるように感じています。

ともあれ、写真の“のり弁”は、わが職場の食堂職員の手作りですので安心して戴いております!

投稿: くま | 2008年7月 3日 (木) 15時19分

Berryさん

のり弁!
同士がいたとは!
揚げ物の油とか、お醤油とかソースとか、おかかや海苔の香りがご飯に浸みてるとこもポイント高いですよね!

投稿: くま | 2008年7月 3日 (木) 15時14分

必ずなにかが“乗り弁”

投稿: mimimi | 2008年7月 3日 (木) 09時09分

私はおにぎり派なのであまり弁当の類は買いませんが、
のり弁と聞くと学生時代を思い出します。
母親の作ってくれた弁当には必ずのりが敷かれてました。

食材偽装となればホカ弁屋も例外ではないので、
どこの具材が載っているのか気になります。
「白身魚のフライ」も白身であるというだけで、
けっして「あじのフライ」ではないですからねぇ(笑)。

投稿: BigDipper | 2008年7月 3日 (木) 08時22分

私はご飯物のお弁当を買う時、
8割の確率で「のり弁」派デス(v^-^v)

この愛すべきのり弁に、これほど素晴らしい
表現をしてくれる人がいたとは!!

付け足すならば驚くべきはその価格です¥
おそらくは他のどのお弁当よりも安いはず♪

投稿: Berry | 2008年7月 3日 (木) 07時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のり弁:

« カワトンボ | トップページ | ヤマカガシ »