« メスグロヒョウモン(♂) | トップページ | 深山の蝦蟇 »

2008年7月29日 (火)

ヒメキマダラセセリ

20080729himekimadaraseseri

体長1.5cmほどの小さなセセリチョウ。
林縁部の草むらの上をビュンッと猛スピードで飛び回る。
毎日、日中にはテリトリーを決めて見回りをはじめ、侵入者があると追い払いに行く。
天気の良い日にはオレンジ色の体色が目にも鮮やかだ。

幼虫は、イネ科やカヤツリグサ科の葉を食べて育つ。
友好の森では、これまであまり目にしなかった蝶なのだが、茅葺きの屋根のために茅場の整備を始めたためだろうか。
今年は鮮やかなオレンジ色が時々目に入る。

かつて農山村では、“畚(ふご)”とよばれる容れ物をつくったり、家畜の餌にしたり、田畑に鋤き込んだりと、様々な草本を、様々に生活や生産に供した。
そのために、集落(むら)の廻りには採草地としての“野(の)”が必要であった。

農山村の振興をはかり、農山村の景観をまもり、豊かな生態系を堅持していくためには、森林(やま)だけを見つめるのでは不充分だ。
“むら-の-やま”の連関を視野に入れる必要がある。

この小さな蝶もそんなことを教えてくれる。

20080712 ひなたぼっこをするヒメキマダラセセリ(ヒロイド原)
NIKON D300 105MICRO

|

« メスグロヒョウモン(♂) | トップページ | 深山の蝦蟇 »

虫と一緒に森林づくり2008」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメキマダラセセリ:

« メスグロヒョウモン(♂) | トップページ | 深山の蝦蟇 »