« オオヒラタシデムシ | トップページ | ジャムづくり »

2008年7月 9日 (水)

ナワシロイチゴ

20080708nawasiroitigo

もともと南方系の植物なのだろうか。
ナワシロイチゴの名は、稲の苗代(なわしろ)を張る頃に実が熟すことから名付けられたといわれている。
川場村では、随分と時期にズレがある。

日本の木イチゴ類の多くが、白い花をつける中で、本種は鮮やかな紅色の花を咲かせる。

実は、濃い赤色に熟し、酸味がやや強く、野趣溢れた味が夏の森林づくりに楽しみを添えてくれる。

写真は先月の19日のものなので、そろそろ食べ頃を迎えているだろう。

20080619 ナワシロイチゴの花(ヒロイド原)
NIKON D300 105MICRO

※木イチゴのシーズンにポケットにねじ込んでおきたい一冊の紹介はこちらから

|

« オオヒラタシデムシ | トップページ | ジャムづくり »

川場の花図鑑2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/22164963

この記事へのトラックバック一覧です: ナワシロイチゴ:

« オオヒラタシデムシ | トップページ | ジャムづくり »