« ちいさな朝市 | トップページ | ゴマダラカミキリ »

2008年8月13日 (水)

自動撮影装置

20080813mujinnsatueisouti

私たちの活動フィールドである“友好の森”には、多くの哺乳動物も生息している。
これまで視認できたものだけでも、ニホンカモシカ・ニホンジカ・ノウサギ・イタチ・テン・ヤマネ・タヌキ・キツネ・アナグマ・ホンドリス等々、多種にわたる。

しかし、彼らは総じて臆病なので、そう度々出逢うことはできない。
足跡や食痕などから彼らの活動を推測しなくてはならない。

私たちの森林(やま)づくりの成果をきちんと知るためには、彼ら哺乳動物の生息も知ることが必要だ。
そこで、今回思い切って自動(無人)撮影装置を導入した。
赤外線を用いたセンサー付きカメラで、彼らの姿を記録しようというわけだ。

導入したのは“麻里府商事”の“Field Note DS1000”だ。
成果の程は今後お伝えしていきたい。

20080806 自動撮影装置
RICOH GR DIGITALⅡ

|

« ちいさな朝市 | トップページ | ゴマダラカミキリ »

カメラと写真のこと」カテゴリの記事

川場のけものたち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/22968133

この記事へのトラックバック一覧です: 自動撮影装置:

« ちいさな朝市 | トップページ | ゴマダラカミキリ »