« ツマグロヒョウモン(成虫) | トップページ | アサギマダラ »

2008年9月15日 (月)

シュレーゲルアオガエル

20080915shuregeru

雨上がりの林道を歩いていると、葛の葉の上に一匹のカエルを見つけた。
アマガエルかと思ったが、よく見るとアマガエルよりも体色がコバルトブルーに近いし、鼻先から目にかけて走る黒線もない。
日本固有種のシュレーゲルアオガエルだ。

日本固有種に付けられる和名であるのに“シュレーゲル”とは違和感を覚えるが、かのシーボルトが採取した個体を、ドイツの生物学者であるヘルマン・シュレーゲルが学名を命名し、その学名を直訳して和名が付けられたのだそうだ。

このカエルは春先から初夏にかけて、田の畦や小川の土手などに穴を掘り、泡で包んだ200~300個ほどの卵を産む。
北海道を除く広い範囲に生息するカエルだが、餌となる昆虫類の減少や、河川改修工事などによる産卵場所の減少などによって、その数を減らしている。

産卵期以外には、随分と水辺から離れたところでも見かけることがある。

20080903 葛の葉に隠れるシュレーゲルアオガエル(富士山地区)
NIKON D300 105MICRO

|

« ツマグロヒョウモン(成虫) | トップページ | アサギマダラ »

その他諸々2008」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュレーゲルアオガエル:

« ツマグロヒョウモン(成虫) | トップページ | アサギマダラ »