« ツバメシジミ | トップページ | ノダケ »

2008年9月22日 (月)

ワレモコウ

20080922waremokou

日当たりの良いところを好む多年生の草本。
沢山の花が花序を形成しているが花弁はなく、濃紫の小さな花弁に見えるのは萼である。

和名の由来については、実に様々な説があり、漢字表記も“我吾紅”“吾亦紅”“吾木香”“我毛紅”など様々に揺れている。
諸説ある中で、最も説得力のあるのは植物学者の前川文夫の説だ。
曰く、宮中の御簾の装飾具である帽額(もこう)を図案化した“木瓜紋(もっこうもん)”に花の形が似ており、さらに小さな一つ一つの花(萼)が4裂していることこから“割れ木瓜”の名が付いたという(湯浅浩史:『花おりおり』朝日新聞社より)。

遠目に見ると、すっと伸びた茎の先端に楕円形の玉が揺れていて、それはそれで可愛らしいのだが、こうして近づいてみて初めてこの花の美しさに気づく。

下刈りをしながらこの花が目に付くようになると、次の季節の作業、間伐や枝打ちの段取りを考えなければならない。

20080902 ワレモコウ(ヒロイド原)
NIKON D300 105MICRO

|

« ツバメシジミ | トップページ | ノダケ »

川場の花図鑑2008」カテゴリの記事

コメント

かわばっ子さん

こんにちは!
ワレモコウは多年草ですので、刈り払った後からでも出てくると思いますよ。
ただし、地下部が生長して、充実しないと花をつけないかもしれませんので、時間がかかるかもしれませんね。

投稿: くま | 2008年9月24日 (水) 12時29分

くまさん、こんにちは

ワレモコウも大好きなのです。
でも、今シーズンまだ見てません・・・・・

お友達から苗を分けてもらって庭の片隅に植えておいたことを思い出し、先日慌てて草を除けてみましたが・・・残念ながらあえりませんでした。春には確かにあったのに・・・

次の日曜日には、川場キャンプ場に上がる機会があるので見つけてきましょう

投稿: かわばっ子 | 2008年9月24日 (水) 08時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワレモコウ:

« ツバメシジミ | トップページ | ノダケ »