« ツリバナの実 | トップページ | ヤマウルシの紅葉 »

2008年10月24日 (金)

秋の味覚

20081024mitubaakebi

林道脇の目につくところのものはもう取り尽くされてしまったけれど、一歩藪にはいるとまだまだ沢山なっている。

春先にかわいい花を咲かせていたミツバアケビが立派な実をたわわに実らせていた。

なかの甘い果肉はそのまま楽しんで、外側の紫色の皮は油味噌炒めにするのが好きだ。
独特の苦みが酒のつまみにも、ご飯のともにもいい。

このミツバアケビよりも、5つ葉のアケビの方が少しだけ味は良い。

畑にはリンゴ、田には新米、森林(やま)にはアケビにキノコ。
今年も美味しい季節がやってきた。

20080928 ミツバアケビ(ヒロイド原)
NIKON D300 70-300

|

« ツリバナの実 | トップページ | ヤマウルシの紅葉 »

その他諸々2008」カテゴリの記事

コメント

かわばっ子さん
こんにちは!

たぶん私には秋田の血は入っていないと思いますよ。
父方も母方も福岡県ですので。。。

春になると、アケビの芽を食べますよね?
“木の芽”なんて呼ぶことが多いと思います。
アケビの皮は、あの芽のほろ苦さをもっと凝縮したような味です。
チャレンジするなら今のうちですよ!
ただし、アケビはクマの大好物ですので、一人では採りに行かない方がよいでしょうね。
とくに朝夕は気をつけてください。

投稿: くま | 2008年10月24日 (金) 10時08分

くまさんは、もしや秋田県民ですか?
昨晩、みのもんた司会の県民性を話題にする番組で、
秋田県民はアケビの皮のみ食べる・・・話をしていました。
ゲスト達が試食していましたが、みんな美味しいと食べていました。
今朝、主人にアケビの皮を食べてみたいと言ったら、
苦いよ!と言われました(何時食べたのでしょう・・・)が、
是非、食べてみたい・・・実家の庭には盆栽にアケビの木がありましたが・・・
秋田県では、スーパーに野菜と一緒に大量にアケビが並んでいるようでしたが・・・
そういえば、アキビの説明をしていたのは、
農大の先生でしたが、
くまさんではありませんでしたね!
先生の話では日本中どこでも生殖しているといってました。

投稿: かわばっ子 | 2008年10月24日 (金) 09時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の味覚:

« ツリバナの実 | トップページ | ヤマウルシの紅葉 »