« 自動撮影の記録 | トップページ | 後山調査に新装置導入 »

2008年11月 6日 (木)

『紅葉ハンドブック』

20081105kouyouhanndobukku 林将之:『紅葉ハンドブック 』、文一総合出版(2008年初版)

明日の夕方から川場行きだ。
地元からの情報で、山が彩りを鮮やかにしつつあると報されているので楽しみにしている。

著者の林将之さんは、スキャナーを活用した撮影方法を考案し、自然の新たな楽しみ方を教えてくれている。
本書も、氏の手による一冊だ。

これまでにも、秋の葉の紅葉を扱ったハンディーサイズの図鑑はいくつもあったが、群を抜いて画像がきれいである上に、同一樹種の色の付き方でも様々なバリエーションがあることをとてもわかりやすく紹介してくれている。

夏にはどの葉も緑で見分けがつきにくかった木々の葉も、この時期ならではの特徴を見せてくれている。

ポケットにねじ込んで紅葉狩りに出かけたい。

|

« 自動撮影の記録 | トップページ | 後山調査に新装置導入 »

森林づくりお薦めの新書2008」カテゴリの記事

コメント

床ちんさん!

こんにちは!
すっごく綺麗な本ですので是非お手にとってみてください!
川場の紅葉もお届けできるように頑張ります!

投稿: くま | 2008年11月 6日 (木) 14時51分

おつかれさまでーす。
ウキウキする本の情報をありがとうございます。
さっそく、本屋さんをのぞいてみます。

朝晩は冷えるようになってきましたね。
川場の紅葉もきっとさえてるんでしょうねmaple

お忙しいかもしれませんが、ぜひ写真をとってきてください。楽しみにしていますwink
あ、あと自動撮影の動物たちも!!

投稿: 床ちん | 2008年11月 6日 (木) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/25062642

この記事へのトラックバック一覧です: 『紅葉ハンドブック』:

« 自動撮影の記録 | トップページ | 後山調査に新装置導入 »