« 『森林の崩壊』 | トップページ | 後山のテン »

2009年1月28日 (水)

『手に職。』

20090127tenishoku

森まゆみ:『手に職。 』、ちくまプリマー新書、(2008年初版)

川場村ファンの日向さんから一冊の新書を紹介してもらった。

タウン誌ブームの火付け役になった森まゆみさんの手による一冊だ。
『谷中・根津・千駄木』は、東京のある一地域のあるがままの姿を、けれど卓越した観察力(面白がる能力)で活き活きと紹介する地域限定出版物だった。
およそ、その地域に生活する者にとってのみ有用な情報だけしか盛り込まれていない地域限定出版物であるのに、全国にファンをつくった。

本書は、大都市東京に仕事場をもつ職人にフォーカスをあて、その人となりから、仕事の風景、人生観までを切りとった珠玉の一冊である。

鮨、大工、三味線、江戸和竿等々、江戸そして東京の生活を彩る20名の職人に対する聞き書きは、人口の8割をサラリーマンとその家族が占めるようになったわが国において、珍聞・奇聞に類するものとして感じられるのかもしれない。

モノを作るということの不器用さ。
モノを作るということの面白さ。
モノを作るということの正直さ。

そんなことを、真っ直ぐに伝えてくれる一冊だ。

農業や林業の大切さは、単に生活に必要な物資を生産することに留まらない。
もちろん、「環境」をまもるなどということに集約され、十把一絡げに語られるべきものでもない。
人が生きていく上で、貴賤上下の区別なく、必要とするモノを作る人々の営みの眩しさを再確認させてくれる一冊である。

|

« 『森林の崩壊』 | トップページ | 後山のテン »

森林づくりお薦めの新書2009」カテゴリの記事

コメント

日向さんこんにちは!

良い本を紹介してくださってありがとう!
本当に良い本に出逢うことができました!
遠藤ケイさんのイラストも相乗効果を生んでいますね!

投稿: くま | 2009年1月29日 (木) 13時25分

くまさんこんにちは。
さっそく読んでいただいたようで、ありがとうございます。
くまさんの新書紹介も楽しみにしていますので、またイロイロ教えてくださいね!

投稿: 日向 | 2009年1月29日 (木) 12時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『手に職。』:

« 『森林の崩壊』 | トップページ | 後山のテン »