« 後山のテン | トップページ | ホオジロ »

2009年1月29日 (木)

『野にあそぶ』

20090129noniasobu_2斎藤たま:『野にあそぶ -自然のなかの子供』、平凡社(2000年初版)

またまたいい書籍にめぐり会うことができた。

この本は、1974年に、同社より出版された単行本を“平凡社ライブラリー”シリーズの一冊として再録したものだ。

著者の斎藤たまさんは、子どもの遊びが地域によって様々であることに興味をもち、全国をご自分の脚でまわった成果を一冊に纏めた。

地域地域の70~80代の方々に子どもの頃を振り返ってもらい、当時既になくなりかけていた遊びを丹念に記録したというので、この本に収録されているのは、ほぼ百年前の子ども達の遊びなのだ。

とうぜん、貧しい時代でもあったし、各種の技術も未発展であったので、子ども達は野にあるものを使って遊んでいた。

草笛に草人形、トンボ釣りにメジロ追い。
全国各地の子どもの遊びが、全国各地の草花や虫や動物たちとともに紹介されている。

子どもにとっていかに自然が大切であるのか。
子どもの遊びに必要だというだけで、立派に自然を守る理由になる。

川場村についても、タケニグサで作る草笛や、オキナグサを使った人形遊びが紹介されている。
著者が川場村を訪ね、記録に残してくれたことがとても嬉しかった。

|

« 後山のテン | トップページ | ホオジロ »

その他諸々2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『野にあそぶ』:

« 後山のテン | トップページ | ホオジロ »