« 『毒草を食べてみた』 | トップページ | カモシカのうんちの話 »

2009年2月15日 (日)

ツノハシバミ

20090215tunohasibami

この写真を見て、花だと分かる人がどれくらいいるだろうか。
私自身、ほんの10年ほど前までは知らなかった。

鱗片状の造形は、マツやトウヒの実のようでもあるし、まして真冬の森林(やま)に花が咲いているとは思ってもみなかった。

正体は、カバノキ科のツノハシバミの花。
ツノハシバミの実は、お菓子などによく用いられるヘーゼルナッツである。
川場村では10月の終わりくらいに食べ頃を迎える。

実が成熟して落ちる以前から、次の花の準備を始めている。
昨年の10月に撮影した花の様子と較べてみていただきたい。
あの頃は、まだ薄緑色だった実が、今は紅く色づいている。
多くの植物が、厳しい冬をじんわりとやり過ごしているなかで、ツノハシバミは成長を続けている。

20090211 ツノハシバミの花穂(中野地区ヒロイド原)
NIKON D300 105MICRO

|

« 『毒草を食べてみた』 | トップページ | カモシカのうんちの話 »

川場の花図鑑2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツノハシバミ:

« 『毒草を食べてみた』 | トップページ | カモシカのうんちの話 »