« 『昆虫の集まる花ハンドブック』 | トップページ | 喰うもの、喰われるもの »

2009年3月29日 (日)

バッコヤナギ

20090329bakkoyanagi

ヒロイド原にも確実に春が訪れつつある。

写真は、2週間ほど前に花芽からこぼれ始めたバッコヤナギの花序。
ドングリのような褐色の花芽がほころび、頬ずりしたくなるような真っ白な綿毛が顔を出した。

樹高7~8m程の若い樹だが、全木にびっしりと花を咲かせていた。
これから急速に蕊(しべ)を伸ばしていくはずだ。
蕊が伸びると、樹全体が薄黄色の靄に包まれたように見える。
昨年は4月10日前後が最盛期だったが、今年はどうだろうか。

ヤナギの仲間には珍しく、乾燥気味の土地を好む種である。
植栽したのではなく、自然と生えてきたので、この土地の条件を図る指標となる。

※昨年の花の様子は→こちらから。

20090315 ほころび始めたバッコヤナギの花序(ヒロイド原)
NIKON D300 70-300

|

« 『昆虫の集まる花ハンドブック』 | トップページ | 喰うもの、喰われるもの »

川場の花図鑑2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッコヤナギ:

« 『昆虫の集まる花ハンドブック』 | トップページ | 喰うもの、喰われるもの »