« アナグマのお目覚め | トップページ | 『昆虫の集まる花ハンドブック』 »

2009年3月27日 (金)

ツノハシバミの雌花

20090327tunohasibami

日本版ヘーゼルナッツであるツノハシバミ。
雄花は長い間咲くが、雌花は早春のごく僅かな季節にしか見ることができない。
そのうえ、本当に小さくて見逃しがちだ。

見ようによってはイソギンチャクのようにも見える花が花粉にまみれている。

ほんの5mmほどの小さな小さな花に気づくことができるのは静かな時間だけだ。
ゆっくり、静かに森林(やま)を見る機会がもてないことを怖れたい。

20090322 ツノハシバミの雌花
NIKON D300 105MICRO

|

« アナグマのお目覚め | トップページ | 『昆虫の集まる花ハンドブック』 »

川場の花図鑑2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツノハシバミの雌花:

« アナグマのお目覚め | トップページ | 『昆虫の集まる花ハンドブック』 »