« 体験教室と養成教室 | トップページ | 『朽ち木にあつまる虫ハンドブック』 »

2009年4月16日 (木)

タネツケバナ

20090416tanetukebana

雪が融けると一斉に葉茎を伸ばし、春を謳歌する植物がある。
写真のタネツケバナもそうした植物のうちの一つだ。

タネツケバナはアブラナ科の2年草。

最近でこそ、農家も田植え用の稲の苗を購入するのが一般的になったが、ほんの少し前までは各戸が苗作りも手がけるのが普通だった。
田んぼの一角や、あるいは専用のスペースで種籾を播き、一定の大きさまで育った苗を田植えに供した。

タネツケバナの名を漢字で書くと“種漬け花”。
苗作りのために種籾を播く前に、水に漬け、発芽効率を高めるのが“種漬け”と呼ばれる作業である。
この作業の適期を報せてくれるのが、この花だった。

写真からはわかりにくいが、大きくてもせいぜい15cmほどの高さにしかならない小さな小さな植物で、茎の先端部分に5~10輪ほど咲く花の一つ一つは直径2~3mmといったところ。

知らなければ見過ごしてしまうようなこの花を、稲作の作業適期と重ねて観た古人の感性には驚くばかりだ。

20090405 タネツケバナの開花(中野地区友好の森)
NIKON D300 105MICRO

|

« 体験教室と養成教室 | トップページ | 『朽ち木にあつまる虫ハンドブック』 »

川場の花図鑑2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タネツケバナ:

« 体験教室と養成教室 | トップページ | 『朽ち木にあつまる虫ハンドブック』 »