« タネツケバナ | トップページ | タチツボスミレ »

2009年4月16日 (木)

『朽ち木にあつまる虫ハンドブック』

20090416kutikiniatumarumusihanndobu 鈴木知之:『朽ち木にあつまる虫ハンドブック 』、文一総合出版、2009年初版

出れば買ってしまう文一のハンドブックシリーズに新たな一冊が加わった。

このブログでも度々書いてきたように、森林(やま)には様々な状態の樹が必要だ。
隆々と繁る元気な樹、枯れかけの樹、倒れた樹、土に還ろうとしている樹。
それぞれが役割をもっている。

まさに土に還ろうとしている樹が“朽ち木”だ。

本書では、朽ち木を餌としたり、住処としたりする様々な虫たちが紹介されている。

森林(やま)を総合的に観るためには、朽ち木の存在にも目を配ることが大切だ。

|

« タネツケバナ | トップページ | タチツボスミレ »

森林づくりお薦めの新書2009」カテゴリの記事

コメント

こにタンさん

どうして、最近の文一はこんなにも魅力的な本を出し続けるんでしょうね!
分厚い専門図鑑ではなく、ハンドブックとして出版するあたりがまたまた憎い限りです!

投稿: くま | 2009年4月17日 (金) 00時01分

こりゃまた、魅力的な図鑑!
腐食連鎖も食物連鎖と同等に重要なんですよね。

雑木林の散歩が、一層楽しくなりそうなハンドブックですね。
早速週末には本屋に行ってみます(^^)

投稿: こにタン | 2009年4月16日 (木) 23時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『朽ち木にあつまる虫ハンドブック』:

« タネツケバナ | トップページ | タチツボスミレ »