« 後山のカモシカたち | トップページ | 疥癬症のイノシシ »

2009年4月26日 (日)

後山の“4番”カメラ

20090426jidousatuei_2後山に設置した自動撮影装置の記録。
昨年の11月から、後山に6台の自動撮影装置を設置して観察を続けてきた。

左の画像は、そのうちの1台、私たちが“4番”と呼んでいるカメラが撮した動物たちの中からの抜粋だ。

この“4番”には、合計60枚の画像が記録された。
そのうち最も多く記録されたのはタヌキで31カット。
次に多かったのが、ニホンカモシカの16カット。
そしてノウサギが2カット。
ホンドギツネとテンが、それぞれ1カット。

その他には、空打ちが数カット、カケスも記録されていた。

後山は、畑と水田の中に孤立する小さな山である。
生品・天神・立岩などの民家とも隣接している。
麓には“道の駅田園プラザ”があり、大勢の買い物客がひきも切らない。

こうした環境下で、典型的な里山動物であるタヌキが多く記録されることは理解できるのだが、本来、奥山の動物であるはずのカモシカがこれほどまでに記録されるというのは不思議なことである。

本年度も、調査を継続し真相の究明にあたりたい。

ところで、この“4番”にワンコが記録された。

|

« 後山のカモシカたち | トップページ | 疥癬症のイノシシ »

川場のけものと鳥たち2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後山の“4番”カメラ:

« 後山のカモシカたち | トップページ | 疥癬症のイノシシ »