« ニホンミツバチの巣に大事件 | トップページ | 体験教室と養成教室 »

2009年4月13日 (月)

なにかが写った

20090413nezumi1

さて、問題です。

人知れず夜中も働き続ける自動撮影装置が、4月2日の午前2時53分にストロボを焚きました。
たまにある誤作動かと思いましたが、画像をよく見るとちゃーんと動物が記録されていました。

何が写っていると思いますか?

画面中央のやや左側に小さい小さい動物が写っています。

種の特定までは、この写真ではできませんが、ネズミの仲間が記録されました。

20090413nezumi2 アカネズミかヒメネズミ、あるいはハツカネズミかもしれません。
キツネやタヌキ、テンなどの天敵の目を逃れて胡桃やドングリを探しに来たのでしょう。

こんなに小さくても、ちゃんとしっかり生きています。

彼らも森林(やま)の立役者です。

20090402 ネズミの仲間
(中野地区友好の森)
自動撮影装置

|

« ニホンミツバチの巣に大事件 | トップページ | 体験教室と養成教室 »

川場のけものと鳥たち2009」カテゴリの記事

コメント

日向さん!

そうなんですよ!
今度はアップで撮りたいと思っています!

投稿: くま | 2009年4月13日 (月) 14時47分

ついに写りましたね!
おめでとうございます!!

投稿: 日向 | 2009年4月13日 (月) 12時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なにかが写った:

« ニホンミツバチの巣に大事件 | トップページ | 体験教室と養成教室 »