« カケスの受難 | トップページ | アシブトハナアブ »

2009年4月10日 (金)

ヴェロニカ

20090410ooinunohuguri

小田川地区のリンゴの樹の下が、一面のお花畑になっていた。
数え切れないほどのヴェロニカに混じってカキドオシやヒメオドリコソウ、ホトケノザなど、いずれも小指の先にも満たない小さな小さな花。

がさつな私でさえ、このパステル調の絨毯に足を載せることはできなかった。

20090405 一面の花畑(小田川地区)
RICOH GR DIGITALⅡ

|

« カケスの受難 | トップページ | アシブトハナアブ »

川場の花図鑑2009」カテゴリの記事

コメント

ふじさん

気温が15℃を超えると小さな青い花がいっぱいに開きます。
ハナアブなどの小さな小さな虫たちが活動を開始するからです。
腹ばいになって虫の視線で眺めていると、心が洗われるようです。

投稿: くま | 2009年4月11日 (土) 21時01分

いちめんのベロニカいちめんのベロニカいちめんのベロニカ
青い花といってもただの青ではない青
海の色も空の色も湖の色も星の色も
氷河の翳りも外国人の瞳の瞬きも
そこにあって
まいにちまいにち新しい青が開きます

投稿: ふじさん | 2009年4月11日 (土) 19時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴェロニカ:

« カケスの受難 | トップページ | アシブトハナアブ »