« ZIPPO | トップページ | 『リンゴが教えてくれたこと』 »

2009年6月 3日 (水)

後山の動物事情

20090603kamosika1

後山に設置してある6台の自動撮影装置は、雨の日も、風の日も休むことなく記録を続けてくれている。

この記録から見えてきたのだが、5月中旬以降、後山の動物たちの様子がちょっとおかしい。
これまで頻繁に撮影されてきたキツネやテン、タヌキ、ノウサギなどが全くといっていいほど写らなくなったのだ。
一回だけハクビシンが記録されたが、コンスタントに記録され続けているのはカモシカだけである。

どういうことなのだろうか。
冬期間は後山で過ごし、その後は生息域を他に移すのだろうか。
それとも他に何か理由があるのだろうか。

イノシシとニホンジカが後山にいないことに加えて、もう一つ明らかにしたいことが見えてきた。

上の写真は、疾走するカモシカの赤ちゃん。
写りの良くない写真だが、落ち葉や枯れ枝などを蹴散らしながら駆けている。

下は、静かに立つ成獣。
なかなかに画になる個体だ。

20090603kamosika2

|

« ZIPPO | トップページ | 『リンゴが教えてくれたこと』 »

川場のけものと鳥たち2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後山の動物事情:

« ZIPPO | トップページ | 『リンゴが教えてくれたこと』 »