« 早苗蜻蛉 | トップページ | 『冬虫夏草ハンドブック』 »

2009年6月11日 (木)

梅雨入り

20090611taue

関東地方は昨日、そして今日は北海道を除く全国が梅雨に入った。

森林(やま)の木々も、梅雨入りとともに一気に成長をはやめ、淡緑色の若葉もしっかりと陽の光を受け止めるために濃緑色に装いをかえる。

それと同時に、目に見えない微細な生物たちもその活動を活性化させる。
前年の秋から冬にかけて地表に積もった落ち葉の分解が加速され、森林(やま)の土壌を栄養豊かなものへと変化させる。

そこに降った雨が、土の中の栄養を溶かし込みながら、ゆっくりじんわりと滲み出て田を潤す。

田んぼに水道水を注いでも、まともな稲作は望めない。
森林(やま)があり、そこに棲む様々な生物の営みがあることで初めて米づくりが成就する。

古人達は、山の神が田に降りてきて田の神になると考えたのだそうだ。

20090607 春の風に揺れる早苗(川場湯原地区)
NIKON D90 70-300

|

« 早苗蜻蛉 | トップページ | 『冬虫夏草ハンドブック』 »

その他諸々2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入り:

« 早苗蜻蛉 | トップページ | 『冬虫夏草ハンドブック』 »