« 後山の動物事情 | トップページ | ☆2周年!☆ »

2009年6月 4日 (木)

『リンゴが教えてくれたこと』

20090604ringogaosietekuretakoto_2 木村秋則:『リンゴが教えてくれたこと 』、日経プレミアシリーズ、(2009年初版)

“リンゴは薬で作る”といわれるなか、著者が無施肥、無農薬でリンゴ生産に挑戦し、見事に成功した顛末は『奇跡のリンゴ』に紹介され、多くの生産者と消費者を瞠目させた。

本書は、木村さんが新たに書き下ろした半生記である。

氏が無農薬でのリンゴ生産を志してから11年目にして初めて、リンゴが実をつけた。その間、9年間もの無収入期間さえも経験した。

「自然を見る、それも長く観察するということは、百姓仕事にとって一番大事なことです。」
「今の農業は観察する力を失っています。」
氏が、“自然栽培”とよぶ生産方法(理念)は、徹底して自然を見つめることに要諦があるという。

「若い人は農業が嫌いではありません。これまでの農業に魅力を感じなかっただけです」と断言する氏の言葉はとても重く、様々なことを考えるきっかけをくれたように思う。

農業に、林業に、農村に、山村に、森林(やま)に関心を持つ人々に一読を勧めたい一冊だ。

|

« 後山の動物事情 | トップページ | ☆2周年!☆ »

森林づくりお薦めの新書2009」カテゴリの記事

コメント

かわばっ子さん!

こんばんは!
実は、本日川場村にお邪魔しておりました!
梅雨前の晴天に迎えていただいてのんびりさせていただきました!
木村さんのお話。
興味ありますよね!
リンゴの村である川場村の方々にも、是非講演を聴いていただきたいですね!

投稿: くま | 2009年6月 7日 (日) 23時04分

りんご農家でない私も興味あります。沼田にやってくるのですか!!
2年位前にTVで見て、愛読書ビーパルに登場、近頃は本屋さんや新聞にもと、目にする機会も多くなりました。りんご作りは、年1回しか試せないというのが印象的な話しでした。農家ってそうなんだなァ〜と気づかせていただき、苦労を改めて感じました。

投稿: かわばっ子 | 2009年6月 7日 (日) 22時12分

Berryさん!

こんばんは!
木村さんの講演!聴きたいなあ!
旦那君に「講演聴く前に読むよーに!」とお伝え下さい。
本当にいい本ですよ!

投稿: くま | 2009年6月 6日 (土) 21時52分

木村さん、今度沼田にもいらして下さって
講演があるそうですよ♪

旦那君は早速申し込んでました

投稿: Berry | 2009年6月 6日 (土) 21時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『リンゴが教えてくれたこと』:

« 後山の動物事情 | トップページ | ☆2周年!☆ »