« ニガイチゴ | トップページ | ツマグロイナゴ »

2009年7月26日 (日)

シモツケ

20090726simotuke

ヒロイド原を歩いているとシモツケの花が目に入ってきた。

あまり天気が良くなかったことと、撮影者の腕が悪いせいで、あまり綺麗な色が出ていないが、ふんわりとした薄紫色の花が深みを増してきた緑の中に浮かんでいるようだった。

この花を見たときに、なんとなく何かに似ていると思ったのだが、何に似ているのか、なかなか思い当たらなかった。
それが、今日になって何の脈絡もなく、突然に「ああ、あれだ!」と思い当たった。
幼稚園に通っていた頃に大好きだった“桜でんぶ”に花の雰囲気が似ていたのだ。
思い出したとたんに、母にもたせてもらった弁当に敷き詰められていた桜でんぶの甘さが口中にひろがり、無性に食べたくなってしまった。

シモツケは、日当たりの良い、やや乾燥気味の土地を好むバラ科の落葉低木で、樹高は1m程になる。
花の愉しさと秋の紅葉が人気で、古くから庭木としても喜ばれている。

20090711 シモツケの花(ヒロイド原)
RICOH GR DIGITALⅡ

|

« ニガイチゴ | トップページ | ツマグロイナゴ »

川場の花図鑑2009」カテゴリの記事

コメント

イサさん!

コメントありがとうございます!

私は本当に幸せ者です。
好きなことが仕事になり、豊かな自然と日々接することができています。
この幸せをお裾分けするのが使命だと思っています!

投稿: くま | 2009年8月28日 (金) 14時08分

さくらでんぷかぁ~
なつかしい~
ほんときれいな色に咲いていたんでしょうね~
くまさんは自然に触れて、さらにたくさんの植物や動物に、接することが出来て幸せですね(o^-^o)

投稿: イサ | 2009年8月28日 (金) 13時04分

こにタンさん!

この写真のようにアップではなく、肉眼で見た印象の方がより“桜でんぶ”だったんですよ!
太巻き寿司にちょこっと入っているのは、たまに口にしますが、弁当の表面を覆っているような“でんぶ”なんてもうしばらくお目にすらかかっていません。
なつかしいなあ!

投稿: くま | 2009年7月28日 (火) 00時19分

なるほど!
確かに“桜でんぶ”のようですね。
言い得て妙です(^^)

投稿: こにタン | 2009年7月27日 (月) 23時19分

ふじさん!
こんにちは!

40年前の無邪気だった頃がフラッシュバック!

…未だに無邪気すぎたりしますが…

投稿: くま | 2009年7月27日 (月) 11時03分

桜でんぶはおかあさんの味。
野の花を見て、おかあさんの作ってくれた弁当を想い出す、
んーん!おセンチ。

でも、恥ずかしながら、私も小学校の運動会の
母の手ずからのちらし寿司の
桜色の甘ーい味を想い出してしまいました。

投稿: ふじさん | 2009年7月27日 (月) 10時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シモツケ:

« ニガイチゴ | トップページ | ツマグロイナゴ »