« アカスジキンカメムシ | トップページ | 本になりました! »

2009年9月17日 (木)

実るほど

20090917inaho

写真は2週間ほど前の水田の風景。

刈り取りを待つ稲穂が頭を垂れ始めている。
連休明けくらいから稲刈りが始まるようだ。

もともと熱帯性の作物である稲を全国津々浦々までに広めたのは名もない農民達の力である。
気の遠くなるような年月をかけ、奇跡のような品種改良に挑み、用水に智恵を凝らしてきた。

そして、その農民達が深く関わることでわが国の、川場村の森林(やま)が形作られてきた。

こうした循環を感じることは別段難しいことではない。
飯を頬張るときに少しだけ森林(やま)のことを思い。
森林(やま)に遊ぶときに少しだけ田んぼを思い出す。
そんなことから始めればいいのだ。

20090904 水田の風景(生品地区)
NIKON D300 70-300

|

« アカスジキンカメムシ | トップページ | 本になりました! »

その他諸々2009」カテゴリの記事

コメント

風さん

天高く!

投稿: くま | 2009年10月 1日 (木) 18時12分


失礼しました!
ページをめくったら、新米のお話、書かれていましたね。

そうと聞いたら、今日は米を食べようと、心に決めました!

投稿: 風 | 2009年10月 1日 (木) 18時07分

風さん

こんにちは!
コメントありがとうございます。

川場も新米の季節が始まりましたよ!
美味しいお米を美味しい水で炊いたご飯は絶品です!

投稿: くま | 2009年10月 1日 (木) 17時41分

ごぶさたしております。

昨日は本厚木で稲刈りの様子を拝見しました。
新米を想像して、口の中がじわぁっと…。

夏場の涼しさが気になりますが、

川場村の新米も、そろそろですかね?

投稿: 風 | 2009年10月 1日 (木) 17時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実るほど:

« アカスジキンカメムシ | トップページ | 本になりました! »