« ムモンアカシジミ | トップページ | 霧雨に輝く »

2009年9月 1日 (火)

2種類のハナムグリ

20090901hanamuguri

川場村では比較的見ることの少ないハナムグリを2種。

上の写真は、オトコエシの花にやって来た“アオハナムグリ”。
このハナムグリは、主に広葉樹の樹液を好む種類なので、草本の花で見かけることはあまりない。
ごく近い種類の“コアオハナムグリ”に較べるとやや大型で、体毛も少ない。

続いて、下の写真はコナラの若木に取り付く“シロテンハナムグリ”。
こちらは草本の花には見向きもしない。
アオハナムグリよりもさらに大型で、光沢のある躰が特徴だ。

これまでに、川場村で確認することができたハナムグリは、コアオハナムグリ・アオハナムグリ・シロテンハナムグリの3種類になる。

カブトムシやクワガタに較べて、子ども達からの人気は低いが、実に綺麗な虫だと思う。

多種多様な生き物たちの存在こそが、豊かで安定した森林(やま)を支えていることを決して忘れてはいけない。

明日からまた川場村を訪ねる予定。

20090901 ハナムグリ2種(ヒロイド原)
NIKON D300 105MICRO

|

« ムモンアカシジミ | トップページ | 霧雨に輝く »

虫と一緒に森林づくり2009」カテゴリの記事

コメント

私はこっちが好き
カブトムシは、黒いだけで
ゴキブリみたい(笑)
みどり色大好き・・・
でも、白いお花はもっと好き
かんざしにして、
髪に飾りたいくらい可愛いおはなですね・・

投稿: イサ | 2009年9月 8日 (火) 13時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2種類のハナムグリ:

« ムモンアカシジミ | トップページ | 霧雨に輝く »