« ボタンヅルの実 | トップページ | T君からの便り »

2009年9月 8日 (火)

植生アドバイザー養成講座

20090907shokuseisemina

9月1日から5日までの日程で、(社)日本植木協会主催の“植生アドバイザー養成講座”が開催された。

年に一回のこの講座も年を追うごとに充実度を深め、今年で6回目の開催となる。

この講座では、自然植生の復元・管理に当たり、またそうした業務を人に指導することができる人材の養成が目指されている。
そのため、自然植生に関する理論と実践の両面を網羅した研修が用意され、全国から40名近い人々が川場村に集まってきた。

参加者は、造園業や種苗生産業、農業や林業の関係者を中心に多彩な顔ぶれであり、実に真剣に研修に取り組んでいた。

森林(やま)づくりを通じて、全国から人が集まり、川場村で培った技術や知恵を全国に持ち帰る。

村内の奥山から、里山、水田地帯までを広く実習の場として使い、専門性に磨きをかけてくれたようだ。

川場村発、全国行きの森林づくりである。

20090903 植生アドバイザー養成講座

|

« ボタンヅルの実 | トップページ | T君からの便り »

森林(やま)づくり活動の記録2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植生アドバイザー養成講座:

« ボタンヅルの実 | トップページ | T君からの便り »