« 実りの秋 | トップページ | “ふるさとかわば写真展”開催中 »

2009年10月19日 (月)

オオクチブトカメムシ

20091019ookutibutokamemusi

ノハラアザミが群生している草原で、大型のカメムシが一匹の毛虫に取り付いて体液を吸っていた。

両肩から突き出た角のような突起、蝶や蛾の仲間の幼虫の体液を吸う口吻、“オオクチブトカメムシ”である。
北海道から九州までの全国に分布するが、個体数は多くなく、あまり目にすることのないカメムシだ。

詳細な生態は未解明なようだが、冬の厳しい地方では卵で越冬するといわれている。
腹部がパンパンに膨れあがっているのはお腹いっぱいに卵を抱えているからだろう。

一見恐ろしげにみえる昆虫だが、こうした昆虫のおかげで森林(やま)は丸裸にならずにすんでいる。

近年、農業の分野でも、こうした昆虫の存在に注目が集まってきており、農薬の使用量を低減するために天敵性昆虫(他の虫を補食する昆虫)を利用しようという試みが徐々に活発になってきている。

生産者の健康のため、生産コストを抑えるため、そして消費者の食の安全を守るためにも大切な試みである。

20091017 蛾の幼虫を補食するオオクチブトカメムシ(中野地区)
RICOH GR DIGITALⅡ

|

« 実りの秋 | トップページ | “ふるさとかわば写真展”開催中 »

虫と一緒に森林づくり2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオクチブトカメムシ:

« 実りの秋 | トップページ | “ふるさとかわば写真展”開催中 »