« 野生動物とのつき合い | トップページ | ヤマハンノキの実 »

2009年11月30日 (月)

小悪魔

20091130enaga

ヒロイド原のすぐ近くに野生動物の気配がとても濃い一画がある。
少しの間じっと息を潜めていると、カラの混群が訪れた。
自動撮影装置も仕掛けてあるのだが、今日の一枚は、自動撮影装置のものではなく、300mmレンズの手持ちで撮影。

林内は日中でも薄暗く、おまけに見上げるようなアングルなので逆光と手ブレに泣かされながらようやくパシャリ。
結局あまり写りの良い写真にはならなかったけれど、あまりに可愛いのでご紹介を。

さて、この小さな小鳥はカラの仲間で“エナガ”という。
春から夏の繁殖期を過ぎると他の小鳥たちと“混群”を形成する。

異種の鳥が集まって混群をつくる理由は良くはわかっていないが、群れることで天敵生物を発見しやすくなるのではないかと考えられている。
秋になり木々の葉が落ち、小鳥たちが隠れられる場所が少なくなることで鷹などの捕食者に狙われる確立が高まると、かたまって過ごすことで、外敵を見つける“目”の数を増やしているのではないかというわけだ。

混群には、このエナガの他には、シジュウカラやヤマガラ、コガラ、ゴジュウカラなどのカラ類の他、小型のキツツキであるコゲラや、メジロなども混じることが多い。

それにしても、このエナガ。
ムクムクした躰で、いつもおかしな恰好をしている。
逆さまにぶら下がったり、小首を傾げたり、チョコチョコと跳ねまわったり。
スズメよりも遙かに小さい躰で愛嬌を振りまき続ける。

知らん顔をしていると近づいてきて可愛いしぐさで気を惹くし、それならばと、カメラを向ければ木の裏に隠れてしまう。
森林(やま)の小悪魔に翻弄されるのも楽しいものだ。

20091120 エナガ(友好の森)
NIKON D90 70-300

|

« 野生動物とのつき合い | トップページ | ヤマハンノキの実 »

川場のけものと鳥たち2009」カテゴリの記事

コメント

こにタンさん!
こんばんは!

気が合いますねえ~!
いつも決まって混群の先頭を切ってくるエナガの可愛らしさといったら格別ですよね!

投稿: くま | 2009年12月 1日 (火) 23時26分

エナガは可愛いですねぇ
私もメロメロです(^^;)
でも、小さな体でちょこまかと素速く動き回るので
望遠コンデジでは、なかなか撮ることができません。
いつもこのカワイコちゃんたちには、振り回されています
ほんとうに、エナガは小悪魔ですよね(^^)

投稿: こにタン | 2009年12月 1日 (火) 22時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小悪魔:

« 野生動物とのつき合い | トップページ | ヤマハンノキの実 »