« ヤドリギ | トップページ | 共に汗する »

2009年12月10日 (木)

マユミの実

20091210mayumi

谷地地区を県立21世紀に向かって散策していると、マユミの雛飾りのような色彩が目にとまった。

マユミは、わが国と中国に自生するニシキギ科の落葉低木で、“ヤマニシキギ”の別名ももっている。
紅葉も楽しめる上に、果実と種子が写真のように冬景色に彩りを添えることから、庭木や盆栽としても人気が高い。

材は、よくしなる上に強靱であり、古くから弓の材料とされてきた。
漢字では“真弓”と書き記されるが、代用品ではなく“真”の“弓”の材料となる木という意味を持っている。

他には、和紙の材料ともされたり、印鑑や櫛など、何れも稠密な材質を求められるものに利用されてきた。

また、春先にでる新芽は、お浸しや天麩羅などにも供されてきた。

冬の森林(やま)には、他の季節にはない華やぎがある。

20091120 マユミの実(谷地地区)
NIKON D90 70-300

|

« ヤドリギ | トップページ | 共に汗する »

その他諸々2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マユミの実:

« ヤドリギ | トップページ | 共に汗する »