« アカスジキンカメムシの越冬 | トップページ | 冬を乗り切るために »

2009年12月17日 (木)

コガラ

20091217kogara

先日紹介した“ヒガラ”と同じ混群にいた“コガラ”。
“ジィジィツチョツチョ”と鳴いていたのはコガラである。

ヒガラよりも一回り大きく、シジュウカラよりは小さい。

山地の林の中で見かけることが多い小鳥で、枝先にまで出てくることはあまりないのでなかなか写真に収めることができずにいた。

この日も伐開地の灌木の茂みの中から出てきてはくれなかったが、灌木が葉を落とした後だったので、比較的はっきりと姿を見ることができた。

ヒガラの胸には黒いよだれかけ。
シジュウカラの胸には黒くて長いネクタイ。
そして、このコガラの胸には可愛い蝶ネクタイ。
それぞれのお洒落が種を見分けさせてくれる。

昆虫やクモなどを主な餌とする彼らには、いよいよ厳しい季節がやってきたようだ。
仲間からの今日の報せによれば、川場村では、朝からちらちらと小雪が舞い、昼過ぎからは粒の大きな雪が降っているそうだ。

20091213 コガラ(後山)
NIKON D90 70-300

|

« アカスジキンカメムシの越冬 | トップページ | 冬を乗り切るために »

川場のけものと鳥たち2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コガラ:

« アカスジキンカメムシの越冬 | トップページ | 冬を乗り切るために »