« ◎お願い◎ | トップページ | 雪の中の仔リス »

2010年1月26日 (火)

キツネの由来

20100126kitune

ある集落の外れに仕掛けた自動撮影装置には、頻繁に、様々な野生動物が記録されている。
民家がすぐそこに見えるほど集落に近い所なのに不思議なことだ。

古い時代から、こうして人間と野生動物の距離は近かったのだろう。
だからこそ、キツネやタヌキに化かされたりもした。

『日本霊異記(にほんりょういき)』という書物がある。
この書物は、奈良の薬師寺の景戒という僧侶によって平安初期に纏められた、わが国初の仏教説話集である。

この書物のなかに、キツネの語源と考えられている話が収められている。

ある若者が、野原を歩いていると、一人の美しい女に出遭う。
二人は、やがて子をなし、幸せに暮らすが、飼い犬だけはこの女になつくことはなかった。
実は、この女はキツネが化けたものだったのだ。
犬は敏感に、女がキツネであることを見抜き、吠えたてていたのだった。
ある日、女が食事の支度に取り掛かろうと家に入ると、そこにいた犬にいつも以上に吠えたてられてしまう。
あまりに愕いた女は、変化を解き、もとのキツネの姿に戻って野に帰ってしまう。
男は嘆き悲しみ、「なんじ我を忘れたか、子までなせし仲ではないか、来つ寝よ」と願ったという。

この話の最後の言葉、「来つ寝よ」は現代風にいえば、「夜には寒い野原などにいないで、家に入ってきて寝たらどうだい」というような意味であろう。
この「来つ寝よ」がキツネの語源になったというのである。

かつて、このブログで紹介した、『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』という書籍にも詳しいが、人間と野生動物の距離は近かったのだ。

|

« ◎お願い◎ | トップページ | 雪の中の仔リス »

川場のけものと鳥たち2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/33138910

この記事へのトラックバック一覧です: キツネの由来:

« ◎お願い◎ | トップページ | 雪の中の仔リス »