« 春の足音 | トップページ | アブラチャン »

2010年3月23日 (火)

チェーンソー講習会

20100323chainsow

私が塾長を仰せつかっている“森林(やま)づくり塾”は、“農業塾”、“茅葺き塾”とともに“健康村里山自然学校”の中に位置づけられている。

この“里山自然学校”の直営講座として、チェーンソーや刈り払い機等の動力付きの農林業機械を安全に使うための教室を開催している。

今回は、3月21日から22日の2日間の行程で、チェーンソーの講習会を実施した。
この講習会は、里山自然学校の“専科教室”でもあると同時に、林業・木材製造業労働災害防止協会(通称、林災防)群馬県支部の“伐木作業者安全衛生講習会”としても位置づけられている。

講座の名が示すとおり、チェーンソーを使う技を磨く技術講習会ではなく、安全に作業を実施するための安全講習会である。

私は、折に触れて発信しているように、動力付き機械の使用はなるべく避けたいと考えている。
それでも、森林(やま)づくりにおいては、やはり大きな力を発揮することは確かであるし、なにより、機械好きな人々にとってはなかなかに魅力的な機械であるようで、使用を控えるようにいくら発信しても、なかなか聞き入れてもらうことができずにいる。

しかし、作業に際して、大きな力を発揮するということは、とりもなおさず、いったんそのパワーが人体に向いたときには深刻な事故を引き起こす機械であることは間違いのないところである。

そうしたことから、定期的に講習会を開催してきた。

今回は、川場村と世田谷区から、約30名の参加者を迎えての実施となった。

関連法規から、構造の理解、分解整備、ソーチェーンの目立て、実際の伐木と、2日間をかけ、座学と実技講習の双方をこなしていただいた。

楽しく、安全な森林(づくり)のための有意義な2日間となった。

20100321-22 チェーンソー講習会(友好の森)

|

« 春の足音 | トップページ | アブラチャン »

森林(やま)づくり活動の記録2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/33908974

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンソー講習会:

« 春の足音 | トップページ | アブラチャン »