« もうすぐ春 | トップページ | ツノハシバミの花 »

2010年3月13日 (土)

風景が教えてくれる

20100313kesiki

川場村を訪れるときには、かなりの確立で立ち寄らせてもらっているBerryさんのカフェの辺りからの一枚。

遠く赤城の山々を借景に、手前には川場村の人々が丹誠込めた田んぼがひろがっている。

まさに自然と人為が織りなす里の風景だ。

「風景」と一言で済ませてしまうことが多いが、風景とは実に面白いものである。

例えば、土壌の性質が異なれば生育する植物が変わり、植物が変われば昆虫やその他の生き物も構成を変える。
土地の起伏の具合が異なれば、水の移動に変化が起こり、田畑の広がりがそれに左右される。
そうした様々な要素が、その土地、その土地の人々の生活の有り様を決定づけ、それによって人々の気質も影響を受ける。

そういった諸々が織りなすのが風景・景観なのだ。

この写真にも、墓地が見え、田畑が写り、森林(やま)が記録されている。

その土地の風景が持つ意味や歴史を想像することも、森林(やま)づくりには必要なことだし、何より楽しいことである。

20100221 農村の風景(川場湯原地区)
NIKON D300 70-300

|

« もうすぐ春 | トップページ | ツノハシバミの花 »

その他諸々2010」カテゴリの記事

コメント

日向さん
こんばんは。

丁寧なコメントをありがとうございます。
人が風景をつくり、風景が人をつくるんだということを、最近になってようやくしみじみと感じています。

投稿: くま | 2010年3月15日 (月) 00時14分

くまさん、こんばんは。
穏やかで、それでいて凛々しくて、静かなようで沸き立つような生活感がある。
とっても素敵な風景ですね。
川場の人々の、明るく闊達な気質を思い出します。

投稿: 日向 | 2010年3月15日 (月) 00時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風景が教えてくれる:

« もうすぐ春 | トップページ | ツノハシバミの花 »