« シカ柵の試験設置 | トップページ | 冬毛のテン »

2010年3月19日 (金)

ここにも春が

20100319siitake

昨年の春に植菌(駒打ち)をして、夏に天地返しをおこなった榾木(ほだぎ)から、小指の先くらいにふくらんだシイタケの赤ちゃんが顔を出した。

やはり、例年よりも少し成長が早いように思う。

だいぶん前になるが、このブログでも紹介したように、キノコは森林(やま)のスターターである。
何が最初か、などという話になると、“卵と鶏”のようなものなのではあるが、森林内の物質循環の要となっている。

正確にいうと、“キノコ”と呼ばれるのは、ある菌類の成長のステージの一場面に過ぎず、その菌が子孫を残すためにつくり出す形態で、高等植物でいえば花に相当する。

キノコは“木の子”。
森林(やま)が生んだ子どもであり、次の世代の立役者なのである。

20100314 顔を出したシイタケの赤ちゃん(友好の森)
RICOH GR DIGITALⅡ

|

« シカ柵の試験設置 | トップページ | 冬毛のテン »

森林(やま)づくり活動の記録2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/33848426

この記事へのトラックバック一覧です: ここにも春が:

« シカ柵の試験設置 | トップページ | 冬毛のテン »