« サシバ初認 | トップページ | ノスリ »

2010年4月 6日 (火)

ニワトコの蕾

20100406niwatoko

ブロッコリーのようなニワトコの花芽がほころび始めていた。

ニワトコの枝は、昔は籠で飼う小鳥の止まり木として多用されていたが、近年では、“ワクモ”と呼ばれるダニの発生源になるとして小鳥の飼育に用いられることは少なくなった。

その一方で、西欧で“エルダー”という呼び名で好んで利用されるハーブが盛んに輸入されているようだ。
“エルダー”は日本名“西洋ニワトコ”。
わが国自生するものの近縁種である。

遠く海の外から多大なエネルギーをかけて運ばずに、身近にある自然の恵みを活かすことも森林(やま)づくりの一歩だと思うのだが、いかがだろうか。

梅雨前には満開の花を楽しませてくれるだろう。

20100401 ほころび始めたニワトコの蕾(小田川地区)
NIKON D300 105MICRO

|

« サシバ初認 | トップページ | ノスリ »

川場の花図鑑2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニワトコの蕾:

« サシバ初認 | トップページ | ノスリ »