« 野の仏 | トップページ | ナビゲーター講習会 »

2010年5月16日 (日)

エゾエンゴサク

20100516ezoenngosaku

植物の分類は本当に難しい。
先日、ミヤマキケマンを紹介したときにも触れたが、ケマンソウの仲間はケシ科ケマンソウ属と分類されてきたが、最近では、ケマンソウ科を独立させ、ケマンソウ科キケマン属とするのが主流になってきたようである。

写真の植物は、ミヤマキケマンの近縁種でエゾエンゴサクという。
前述のような訳で、ケシ科あるいはケマンソウ科と云っておいた方がよいようだ。

ミヤマキケマンやムラサキケマンが有毒植物であるのに対して、こちらは無毒の植物で、漢方薬や山菜としても利用される。
そもそも、名の“延胡索(エンゴサク)”とは、鎮痛作用などを発揮する生薬で、漢方薬の“安中散”や“牛膝散”などに配合されているそうだ。
ちなみに、私がよくお世話になる“太田漢方胃腸薬”他にも配合されている。

広葉樹林の林床に自生するが、木々の葉が繁る頃には地上部は枯死し、翌春までを地中の根塊で過ごす“スプリング・エフェメラル(春植物)”である。

利根川の源流の一つである、川場谷の湿った林床を清楚に彩っていた。

20100508 エゾエンゴサク(川場谷)
NIKON D300 105MICRO

|

« 野の仏 | トップページ | ナビゲーター講習会 »

川場の花図鑑2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エゾエンゴサク:

« 野の仏 | トップページ | ナビゲーター講習会 »