« ネジバナ | トップページ | メスグロヒョウモン(♀) »

2010年7月16日 (金)

タケニグサの花

20100716takenigusa2

タケニグサの花にこんなに近づいてみたことがなかった。
なんとも不思議な造形だ。

雌しべをとりまく、波打つ糸状のものは雄しべで、花弁はない。

タケニグサは、ケシ科の多年草で、各種の皮膚病や水虫などに効果のある生薬として用いられることもあるが、プロトピンなどのアルカロイドが薬効成分なので、専門家による処方に基づかなければ、逆に有毒植物となってしまうから注意が必要である。
この成分を内服すると、酩酊・昏睡・呼吸麻痺・心臓麻痺などを引き起こす場合もある。

伐開地に現れる“パイオニア”植物でもあり、明るい陽射しのもとで2mもの草丈に育つ。

“タケニグサ”は“竹似草”とも“竹煮草”とも書き表される。
前者は下の写真中央に見られるように、茎が中空になっていることから、これをタケに見たてたもので、後者は、竹を細工する際に本種とともに煮ると自由に曲げることができるようになると云われることから名付けられた。

タケニグサは、まさに下刈りのシーズンを代表する植物である。

20100716takenigusa1

写真上:20100711 タケニグサの花(友好の森)
NIKON D300 105MICRO
写真下:
左…20070613 全草(ヒロイド原)
中…20090819 切り口(ヒロイド原)
右…20070810 花序(友好の森)

|

« ネジバナ | トップページ | メスグロヒョウモン(♀) »

川場の花図鑑2010」カテゴリの記事

コメント

突然のご連絡失礼致します。
私、テレビ朝日で『中居正広のミになる図書館』という番組の制作をしております、品田と申します。

当番組は様々な雑学や新常識を紹介する内容の番組になっているのですが、この度雑草に関する話を扱えたらと思っています。
タケニグサの有毒成分に関する内容を紹介する際に、
こちらのHPに掲載されております
中…20090819 切り口(ヒロイド原)
のお写真を使用させて頂けたらと思い、ご連絡させて頂きました。
もしお持ちでしたら、写真のデータを送って頂けたら幸いです。

ご確認、宜しくお願い致します。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社テレビ朝日 編成制作局制作1部
NAME:品田尚孝
ADD:〒106-8001 港区六本木6-9-1
TEL:080-9020-2303
MAIL:shinada-0119@tv-asahi.co.jp
FAX:03-3405-3707
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

投稿: 品田尚孝 | 2016年3月 7日 (月) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/35777929

この記事へのトラックバック一覧です: タケニグサの花:

« ネジバナ | トップページ | メスグロヒョウモン(♀) »