« カミヤコバンゾウムシ | トップページ | 疥癬症の深刻化 »

2010年7月 8日 (木)

蜘蛛の巣

20100708kumonosu2
20100708kumonosu1

不当に忌み嫌われることが多いのがクモである。
まったくもって不当である。

クモがいなかったら、と想像するのも怖ろしい。

農業も壊滅的な被害を受けることになるだろうし、森林もその姿を保つことはできない。
それくらい多くの虫を補食している。

上は“コガネグモ”。
大型のクモで、とても美しい配色をしている。

下は、その名も“ウズグモ”。
見てのとおり、渦巻き状の模様を巣に描くことが特徴である。

コガネグモが足場にしている、巣に描かれた“X(エックス)”マークも、ウズグモの巣に見られる渦巻きも“隠れ帯(かくれおび)”と名付けられている。

“隠れ帯”は、クモの代表的な捕食者である小鳥を脅かすための模様だとか、クモの餌となる昆虫からクモ自身の姿を隠す為のもの(ここから名付けられた)だとか、餌となる虫が花だと思って近づいてくる機能をもっているとか、様々に推測されている。

人間の目で見ると、今ひとつ説得力に欠けるようにも思われるのだが、多くの昆虫は紫外光で物を見ており、この隠れ帯は、紫外光で見るととてもよく目立つものなのだそうだ。

機能はともかくも、これだけの造形をクモがやってのけるということが面白いし、不思議でならない。

クモたちもまた、森林(やま)づくりの仲間なのである。

上:20100703 コガネグモ(中野地区)
下:20100703 ウズグモ(中野地区)
NIKON D300 105MICRO 

|

« カミヤコバンゾウムシ | トップページ | 疥癬症の深刻化 »

虫と一緒に森林づくり2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛の巣:

« カミヤコバンゾウムシ | トップページ | 疥癬症の深刻化 »