« メスグロヒョウモン(♀) | トップページ | スジボソヤマキチョウ »

2010年7月22日 (木)

ツツゾウムシ初見

20100722tutuzoumusi

タケさんのところの“前の森”を朝に散歩していると、コナラの枝に一匹のゾウムシを見つけた。

体長は1cmほどで、ゾウムシの仲間の中では比較的大きな種類である。

ゾウムシの仲間も、なかなかに奥が深い。
この種も、その場では同定できずに帰ってから図鑑やWeb上の情報を頼りに“ツツゾウムシ”であろうと結論づけた。

私の極めていい加減な昆虫写真コレクションの中には見あたらず、私にとっては初お目見えのゾウムシだ。

図鑑によれば、「ブナ科の樹木によく訪れる」とあるが、この個体もコナラの枝先にいた。

躰の茶褐色の斑点は、蛹から羽化したばかりの個体に見られる特徴で、躰の模様ではなく、粉をふいているのだそうだ。
そのため、羽化後しばらく経つと、この粉はとれてしまい、暗褐色の体色をしめすという。

幼虫は、コナラを始めとするブナ科の倒木を食べて育つので、この虫も、やはり土をつくる仲間なのである。

このように、本種を含む様々な虫たちが倒木を食べて糞とすることで次世代の植物が育つ地盤ができあがる。

20100719 ツツゾウムシ(小田川地区)
RICOH GR DIGITALⅡ

|

« メスグロヒョウモン(♀) | トップページ | スジボソヤマキチョウ »

虫と一緒に森林づくり2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツツゾウムシ初見:

« メスグロヒョウモン(♀) | トップページ | スジボソヤマキチョウ »